2019/11/11

冬の柄も入荷しております

 手ぬぐいは、柄に意味を込めたり、季節感を表現できることが素敵だと感じています。(世の中には無地の手ぬぐいもありますが…)
冬苺、宿木、六花、南天。冬を感じる柄が入荷し、いよいよ寒い季節が始まり、来月はもう師走で、再来月は新年なのか…と考えていました。大人は焦りがちですが、この季節、この日、この時を楽しんでいこうと思います。



 
 植物染め+柿渋の「手ぬぐい風呂敷」は、染める植物や使う柿渋の種類、媒染剤によっても色合いが様々で、染めるたびに発見や驚きがあります。染めあがってからも、時間を置くことで少しずつ色が変化しているようで、これからも楽しみです。今月はいくつかのお店とオンラインストアで販売を予定しております。


「手ぬぐい風呂敷」作りは続く…(イベントの準備もしなくては)

 「手ぬぐい風呂敷」をこの秋はコツコツと作ってきました。一度にたくさんは作れないこと、時間と手間がかかるので、この時期のみの作業になりそうですが、おかげさまで、あちらこちらへお嫁入り。皆様がどのように使われているのか、気になっています。 注染の...