2018/07/19

ラ・ロンダジルさんでの個展が始まりました


 暑中お見舞い申し上げます

先週からの厳しい暑さに驚いていますが… 、セミも鳴き始め、朝顔が蔓をどんどん伸ばしているのを見ると、夏なのだなぁ、と実感します。氷出しの煎茶が休憩時間の楽しみ。





 6月23日付のブログで「詳細は改めて」と書いた個展「あひろ屋 手ぬぐい店 十三」は、昨日初日を迎えました。気がつけば、13回目…。毎年、暑い季節に、ありがとうございます。

今年は友人の革作家さん 「キナ」のお二人に参加をお願いしました。あひろ屋の手ぬぐいの柄になっている植物をモチーフに、鹿革でコサージュをリクエスト。せっかくなので、テーマの植物を決め、キナさんたちは革でコサージュ、私は手ぬぐいで表現してみよう、と話しあったのは まだ寒い季節でした。

選んだ植物は露草。日本人が古くから歌に詠み、工芸品にも多く登場する野の花です。スケッチをしたいと思っても、春の野に見つけることができませんでした。偶然にも、母が毎年こぼれ種子から育てていることを知り、数株もらってきました。育てていると、夜の10時頃から葉の端に露が浮かび、朝陽が登る頃に消えてゆくことがわかりました。その美しい眺めを手ぬぐいにしなくては、と思いました。


手ぬぐいの版下を描く時に気をつけることは いくつかあるのですが、茎の細さは染料がきれいに入るギリギリの細さに。露草の繊細さが表現できるよう、色合い、間隔なども気をつけました。



キナさんからは『ツユクサが咲いてるよ!』と連絡が入ったり、露草の資料が届いたり。どんなものを作っているのか、描いているのかを、お互いが知ったのは出来上がってからだったのですが、わりと近い世界観で、モノづくりをしているのかも、と感じました。





 そして、ようやく迎えた初日。コサージュのモチーフに、どの柄が選ばれたのかも、実は知りませんでした。(お楽しみにー、とキナさんが書いていたので、特に訊かずにいたのでした。)
お店に入り、うわー!っと声が出てしまいました。こんなにたくさんの 素敵な鹿革コサージュ。そして、お財布に付けられた鹿角の装飾もまた、ツバメや 宿木など、手ぬぐいのモチーフから選んでくれていました。







 今年も、店内各所には、小路苑さんが生けてくださったお花が涼しげです。
手ぬぐいは新作の「露草」ほか、柄数多めに揃えました。(今度の金曜に、また入荷した手ぬぐいを追加納品予定です。)



 初日はキナさんも一緒にお店番。暑い日でしたが、楽しく思い出に残る一日になりました。13年連続で、素敵な展示会をひらいてくださっている ラ・ロンダジルさんには、ただただ感謝ですが、続けてくることができたのは、暑い中 お出かけくださる多くの方のおかげです。本当に ありがとうございます。
「あひろ屋 手ぬぐい店 十三」は28日までです。詳しくは、サイトのイベントのページをご覧くださいませ。




紗が破れ、役目を終えた「枝垂柳」の型紙が戻ってきました。新しく彫っていただいたので、これは捨てられてしまうものですが、私にとっては宝物です。10年半、たくさんの手ぬぐいを生み出してくれた型紙。本当にお疲れさま。


2018/07/09

お見舞い申し上げます

 先月発生の大阪府北部を震源とする地震、そして西日本を中心とした このたびの豪雨により被害を受けたれた地域の皆様に、謹んでお見舞いを申し上げます。
一刻も早い復旧がなされますことを 心よりお祈り申し上げます。

配達につきましては、お時間を頂戴する地域もございます。
何卒、ご了承いただけますようお願い申し上げます。




 近況です…。




 「露草」手ぬぐいのモデルになってくれたツユクサが開花しました。


 


 荻窪の素敵な書店Titleさんで、熊本の橙書店さん(田尻久子さん)の出版記念トークイベントがひらかれました。当店は2003年秋からのお取引先。ようやく田尻さんにご挨拶ができ、興味深いお話を伺えて嬉しかったです。






 甕を覗くと白梅酢が上がっていました。赤紫蘇を入れて本漬けへ。




 イベントが各地で開催中&開催予定。深夜までアイロンかけが続きます…。




 ようやく回顧展へ。大好きな長谷川利行さんの絵をこれだけ多く見ることができて、嬉しかったです。ガラス絵が綺麗でした。下町を中心とした東京の風景が、圧倒的な筆勢で迫ってきます。もう一度ゆっくりと観たかったです。




 もう一つ、最近 感激したのは吉祥寺美術館でひらかれていた江上茂雄さんの展覧会です。15歳で就職、家族を支えながらも絵と向き合い続け、定年退職後は(数年のブランクの後)ほぼ毎日30年間、一日一枚の風景画を描かれました。(写真に写っている植物画も見入ってしまいました。露草もありました。)様々な思いや現状の中でも、手に入る画材で、歩いて行ける場所で、独学で描き続けた江上さんの言葉のパネルが胸に迫りました。




 …7日から佐賀県嬉野市の「志田の蔵」さんで ”日本の手ぬぐい・たおる展” が始まりました。佐賀で当店の手ぬぐいをご覧いただけるのは、この機会のみです。どうぞ よろしくお願いいたします。





2018/06/23

水無月。


 大好きな和菓子「水無月」。その季節がやってきました。
夏越の祓えにまつわるお菓子ですが、こちらではあまり見かけません。手ぬぐい「水無月」も、ご注文は西のエリアのお客様が多いように感じます。



 そして、梅仕事の季節でもありますね。今年も丁寧に収穫された南高梅を送っていただき、梅干し用に、そしてシロップ用に、漬けました。




 さて、こちらは「Endpaper」さんの手製本ノートです。当店手ぬぐいを表紙に使っていただいております。手製本… 細部まで美しく、使うのがもったいないくらい。
(当店手ぬぐいの商用利用は登録制となっております。詳しくはサイトをご覧くださいませ。)
「Endpaper」さん Twitter : @Endpaper1496




 イベントとしましては、浦和の楽風さんの展示販売は会期がそろそろ折り返し、秋田のblank+さんでは昨日から「夏の装い」展が始まっております。7月7日からは佐賀の志田の蔵さんで「手ぬぐい・たおる」展、7月14日からは名古屋の月日荘さんで「涼を感じる夏の装いと暮らし 7」、そしていよいよ、ラ・ロンダジルさんでの個展は7月17日からです。この件は、また改めて。書きたいことがたくさんあるのです。(イベントの詳細は、サイトの「イベント」ページをご覧くださいませ。)







 先日、武蔵野美術大学の美術館で拝見したドローイング展。
手を動かすということの大切さ、について 改めて考えました。
(ル・コルビュジエの旅のスケッチ手帳も展示されていて、見入ってしまいました。)


その帰り道の玉川上水緑道。いつも緑が美しく、こういう環境があることがありがたいです。





2018/06/10

植物のこと、はぎれのこと。

 関東は梅雨入りし、そして台風も接近しているため、強い雨が降ったりやんだり。

 今年も前半が終わろうとしています。焦りつつ、振り返ったり、後半を計画したりしています。(期限を切られていない お仕事をお待たせしている方々、すみません。忘れてはいませんので…。)ありがたいことに、今年後半や来年の展示のお話も いただいております。ご期待にお応えできるよう、日々励むのみです。



 10数年育てているのに、一度も実を見たことがない白南天。今年は花をたくさんつけてくれました。植物の生きている時間に触れていると、このせわしない暮らしが情けなく思えることもありますが… 植物たちからは様々なことを教わっています。





 そう、植物といえば、昨日は国立のmusubiさんへ納品へ伺いました。
ちょうど、「Panacea Pharma 我が家の香りをつくる」展がひらかれていました。(昨年の展も、お邪魔しました。)店内はとても良い香り…。今回も、リラックス効果があるブレンドオイルをいただいて帰ってきました。このオイルのおかげで、より安眠できるようになり、心身ともに助けられてきたのです。植物の力に癒されるということの 大きな安らぎ。






 浦和の「楽風」さんで手ぬぐいを展示販売していただいておりますが(会期は8月末まで)先週、追加で納品いたしました。そして、来週からは、また各地でイベントが始まります。
在庫が少なくなってきていて、申し訳ありません。もっと染めていかないと…。なかなか、全てをうまくまわしていけなくて、もどかしいですが、頑張ります。




 お知らせのとおり、本日より「はぎれセット」の価格が改定になります。恐れ入りますが、どうぞご了承くださいますよう、謹んでお願い申し上げます。

…はぎれ として販売する手ぬぐいがなければ、悩みも深くはならないのですが、注染の特性上、ある程度は避けられず、そしてちょっとしたことで、生地も染めも "難" のあるものができてしまう、ということについて、考え続けています。

使用に当たり、それほど問題のない"難"であるならば、それは普通に販売すればいい、と思い始めています。その線引きが難しい。長年、考え続けていることですが、手ぬぐいは出来上がるまでに多くの人の手、思い、工程を経て作られるので、簡単に答えが出ないのです。作り手さんと、お客様と、双方と繋がっている私が考えることや動くことをやめてしまったら、そこで終わってしまうので、これからもどうしたらいいのか、向き合ってゆくことになります。

そしていつも、根本的なことを考えます。 "そもそも、なぜ作っているのか?"。
 作り続けていいものなのか、どうなのか。モノが溢れている中で、新たに何かを生み出すことに関わる人々は、常にそこを問い続けていかないと、そして答えていかないと、いけないと思っています。


2018/05/29

Kumangmang Paris よりベビー帽子とエプロンが入荷です





当店の手ぬぐい生地を使って作られた ベビー帽子と、ベビーエプロンの販売をオンラインストアにて開始しました。パリで活動されている「Kumangmang Paris(クマンマン パリ)」さんとのコラボ商品です。
手ぬぐい生地は肌触りも優しく、吸水性があり、気軽に洗えますので、ベビー向けにぴったり。お揃いの柄のセットで、贈り物にも オススメです。




三年ぶりくらいに、手ぬぐい「珊瑚(紺地に赤)」が入荷いたしました。ご無沙汰してしまって、すみません。”待ってました!” と喜んでくださる方も多く、嬉しかったです。取り扱い柄が増えるにともない、染めるサイクルが 以前のようにはいかなくなってきていますが…、なるべく順番に、季節も意識しながら、染めてゆければ、と思います。




先日、お邪魔した吉祥寺のイイダ傘店さん。(yatraさんとYURTAOさんが展示会をひらいていらっしゃいました。)モノづくりをされている皆さんのお話は、刺激になり、勉強になります。



祖父、父、そして私と受け継いできた万年青。私の家では4年目ですが、初めて花を咲かせてくれました!地味ですが、可愛いお花。ようやく、この環境にも慣れてくれたのでしょうか。嬉しいです。



2018/05/16

松屋銀座さんでの催事、無事終了いたしました!

松屋銀座さんでひらかれておりました「銀座・暮らしの商店街」は無事終了いたしました。
寒い日、大雨の日、暑い日、と天候の変化がありましたが、連日大勢の方にご来場いただきました。ありがとうございました。


お客様とお話しすることができたり、実物をご覧いただいたり…、ネットショップの当店として、出店することの大切さを感じた日々でした。各地から集まっている作り手さん、メーカーさん、お店の方々には、いろいろと教えていただいたり、ちょっとした時に助けていただいたり、とてもありがたかったです。


今回は、全日会場に立つために出荷業務を休業しておりました。お待たせしているお客様、ご迷惑をおかけいたしました。(出荷は14日から再開いたしました。)
細やかなフォローをしてくださった松屋の皆さんと、お店番をサポートしてくれた友人たちに感謝します。(SNSでフォロー、シェアしてくださったり、お気にかけてくださった皆さまも、ありがとうございました。)


今回の出店で学んだこと、いただいたご縁を大切に、また励みます!
本当にありがとうございました。









2018/05/10

松屋銀座さんの「銀座・暮らしの商店街」に出店中。

昨日、初日を迎えました松屋銀座さんの「銀座・暮らしの商店街」。午前中は雨が降り、寒い一日でしたが、大勢の方にご来場いただきました。本当にありがとうございます。
会期中は、全日売場に立つ予定です。お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。全国各地より、すてきなメーカーさんやお店が集まっています。

「銀座・暮らしの商店街」
2018.5.9(水)- 5.15(火)10:00 - 20:00(最終日は17:00まで)
松屋銀座 8階イベントスクエア

〔出店〕
ABE HOME SHOES / あひろ屋/ .URUKUST / AIR ROOM PRODUCTS / eclectic /大木製作所/ KAKI CABINETMAKER / COMMUNE / SyuRo / JUCO. / 神保真珠商店ツルヤ商店/ TOKIIRO / NADELL / VISION GLASS JP / VISION GLASS CAFE / FLANGE plywood / ホーケン化粧品穂積繊維工業/ MAITO(真糸)/ MOUNTAIN COLLECTOR / YAMASAKI DESIGN WORKS / yatra

〔セレクトショップ〕
アンジェ河原町本店/ on the shore / 5884 ANTIQUES / CHUFFY / NO NAME PARISH / hal5/9 - 5/11 期間限定出店)ふくら舎/ HELEN HEIJI / 松野屋/ ReBuilding Center JAPAN / Rungta(ルンタ)
















ラ・ロンダジルさんでの個展が始まりました

 暑中お見舞い申し上げます 先週からの厳しい暑さに驚いていますが… 、セミも鳴き始め、朝顔が蔓をどんどん伸ばしているのを見ると、夏なのだなぁ、と実感します。氷出しの煎茶が休憩時間の楽しみ。  6月23日付のブログで「詳細は改めて」と書いた個展「あひろ...