2022/01/21

「はぎれセット」カラーセット(数量限定にて)

 




 お客様の声よりヒントを得て、現在販売中の「はぎれセット」です。
数量限定品ですが、カラーセットもたまにはいいですね。(完売後は、またセットが組めるようになりましたら再販予定です。)

色合いでセットが組めるほどに、柄も色も増えたことは嬉しく思いますが、"はぎれ" にしないといけない手ぬぐいが これだけあるというのは悩ましいこと…。染めや生地に難があるけれど、ちょっとしたことに使う分には問題がなく、お手拭きや手芸用としておすすめしております。

しかし、これをプレゼントにしたいので包装してほしい、小分け袋を、というご要望をいただくと複雑な気持ちがして、理由を説明した上でお断りしております。

 


 このご時世なので、手ぬぐいの値段が上がっています。今月も春も値上げ…。そして年内にもう一度上がりそうです。どこまで耐えられるのかわかりませんが、モノ作りを続けていくこと、伝統的な産業が続いていくために大切なことは何なのか、日々考えています。


 寒さも底の季節、もうすぐ立春です。
第6波が影響を広げていますが、気をつけつつ、日常を大切にしていきたいです。
皆さまも、お体にはお気をつけくださいませ。



いただいた林檎でアップルパイ。いい香りが漂っていました。


2022/01/13

新・蓮花果托

 今まで使っていた「蓮花果托」の型紙が破れ、新しく彫るタイミングでデザインを見直しました。改めてスケッチをし、バランスを整え、果托の数を11から15に増やしました。

自然の形。その美しさにはいつも及ばないものの、惹かれては、手ぬぐいの柄にできないものかと あれこれ考え続けています。




 
 この冬は寒く雪が多い印象ですが、暴風雪の地域の皆さまはお気をつけくださいませ。先日の都内は数センチの積雪でも大騒ぎでした。

つがいの鳩でしょうか。歩幅も、歩き方も違う二羽が雪の朝に、歩いた跡が残っていました。




 今年の催事の日程が決まりだし、打ち合わせもスタート。何となく2022年の輪郭が見えてきました。感染の拡大が気になりますが、日々できることをして。健やかに過ごせますように。


 松葉散らし。お正月飾りから少しいただいてバラし、観察。同じような松葉も、それぞれ違っていました。





2022/01/02

あけまして おめでとうございます

 


 あけまして おめでとうございます
 本年も よろしくお願いいたします

穏やかな一年になりますように。
昨年に引き続き、ただそのように願うばかりです。


 例年通り、おせち料理を作り、届け、家族と過ごし、友人と再会しました。
同じように新年を迎えられることがありがたく、嬉しいです。






 そして休業期間中も、ご注文やメッセージをいただいており、本当にありがとうございます。6日から出荷を再開するということは、そろそろ準備をしないといけません。(のんびりできたのは今日一日だけでしたが、とても休まりました。)

2022年も コツコツと歩んでまいります。

2021/12/25

本年もありがとうございました(セール開催中です)


 本年もありがとうございました。

*冬季休業期間:12/25 - 1/5

休業期間中も、オンラインストアではご注文を承っております。
年に一度登場する「はぎれ40枚組」、旧型で染めたもの(販売を終えているもの)を販売中です。ささやかながら感謝の気持ちといたしまして、お安くなっております。(出荷は年明けからになります。よろしくお願いいたします。)


昨年に続き、今年も厳しい、そして様々なありがたいことに触れた一年でした。
20年の節目を迎え、これまでのことや、これからのことを多く考えました。何よりも ただいまのことを大切に過ごすしかないと日々を送りましたが、こうして一年を振り返ることができるのは皆様のおかげです。

オンラインストアほか、お求めくださったり、大変な状況の中で催事にお運びくださった皆様、ありがとうございました。ふとした時に、ご感想のメールを読み返し、しみじみとしております。

細かい要望や急ぎの発注を受け止めてくださっている染め屋さん、関係者の皆様、いつもありがとうございます。
ものづくりの難しさや責任を 年々重く感じていますが、やはり深いところでは、手ぬぐいの良さ、注染の面白さに惹かれ続けているようです。

そして、お取引先のお店の皆様、休業要請などご苦労の多い中、ご発注をありがとうございました。来年も新たな柄など発表できるよう励みます。

お気にかけてくださったすべての方に感謝いたします。
引き続き お見守りいただけたら嬉しいです。

2022年が、穏やかな年になりますように。
よいお年を お迎えくださいませ。




2021/12/18

蒲公英の鈍色が久しぶりに入荷致しました

とても好きな絵。
「きよしこの夜」(1891年)
ヴィゴ・ヨハンスン


 冬季休業まで一週間を切りましたが、春の柄がいろいろと届いています。(「蒲公英」の鈍色は発売した時に染めて以来、4年9ヶ月ぶり。大変お待たせいたしました。)早速、ご注文をありがとうございます。この週末も出荷に励みます。


 師走らしい寒さになりました。新たなウイルス株も広がり始め、落ち着かない日々ですが…、体調に気をつけて 過ごしていきたいものです。

短日処理をしないので、真っ赤にならないけれど、
少し色づいているポインセチア。



 来春のイベントも動き出しています。コロナ禍で中止が続いていましたが、今度こそ。そして夏のイベントも楽しみです。無事に開催できますように。
たぶん、来年もマスクをして、距離を保ちつつ、暮らしていかねばならないと感じていますが、それはそれとして。支え合って、なるべくは楽しく、過ごしていけたらと思っています。






 … 21年目に入りましたが、品質、価格、流通など、現状を維持するだけでも大変な現実や課題と日々向き合っています。最終的には、その商品を手にとってくださる方のことが思えるかどうか、にかかっていると感じています。そして作り手側の事情もさまざまですが、時代に合わせた より良いものが作れるかどうか、試されていると思います。
悩みつつ、手探りをしながら ゆっくりと歩む当店を見守ってくださっている方々に、感謝しております。



2021/12/02

NIPPON PROUDさんのブログより


当店商品のお取扱店でもある NIPPON PROUDさん。
それぞれの商品が生まれた背景なども含め、一品ずつを丁寧にご紹介、思いをブログに綴られています。

商品説明というよりも、文化や伝統をどう捉え、伝えてゆくのか。作品や作り手への温かい眼差しと、長年、モノやデザインに向き合ってこられた森口潔さんならではの視点や感覚から、教わることがたくさんあります。

あひろ屋の手ぬぐいについての記事が公開されました。
https://nipponproud.jp/44497/
励まされる思いです。

NIPPON PROUD
https://nipponproud.jp



… 森口さんはOZONEのコンランショップや にっぽんフォルムなどに長年携わっていた方です。昔、よく覗いていたお店の方から、こうしてお声がけをいただけるなんて、とても嬉しく、ありがたいと感じました。
(あひろ屋は駆け出しの頃、OZONEで開催されるマーケットに たびたび出店していました。)



2021/11/29

もう師走ですね


  11月は もうすぐ終わり。今月も ありがとうございました。


12月は棚卸もあるけれど、全体的な "見直し月間" として 自分の一年を振り返ります。
予定していたことがダメになる、ということが昨年から繰り返しあり、その都度 落ち込んでいましたが…。めげていても仕方がないので、日々を大切に。
嬉しいこと、幸せなことはいつも身近にありますね。




「はぎれセット」カラーセット(数量限定にて)

   お客様の声よりヒントを得て、現在販売中の「はぎれセット」です。 数量限定品ですが、カラーセットもたまにはいいですね。(完売後は、またセットが組めるようになりましたら再販予定です。) 色合いでセットが組めるほどに、柄も色も増えたことは嬉しく思いますが、"はぎれ&qu...