2020/05/20

「あひろ屋と綯屋」展がmusubiさんにて。


musubiさんのサイトより

身近な自然や季節の移り変わりを慈しむように。
人々の希望や、願いや、想いを写し取るように。
心動かされるものをそれぞれの審美眼で美しい意匠に仕立てるあひろ屋・野口由さんと綯屋・横畠梨絵さんの作品をご紹介いたします。時節柄、今展は実店舗とオンライン同時開催に。近くても、遠くても、一枚の布に飛び交う岩ツバメと、伸びゆく稲穂から生まれた藁ツバメのように、清涼な空気をお届けできる機会となれば幸いです。

あひろ屋と綯屋
2020年6月19日(金)~7月4日(土)12:00~18:00
[会期中日・月休み]

あひろ屋 - ahiroya - Yuki Noguchi(ahiroya.jp
綯屋 - naiya - Rie Yokohata(instagram.com/rieyokohata/


-----------

 延期になっていた(今年初の)イベントが 国立のmusubiさんでひらかれます。
綯屋さんのお披露目の展でもあり、友人として、とても嬉しく楽しみです。
今回は、”実店舗+オンラインショップ” の同時開催の予定です。私も初めてのことで、いろいろと手探りしながら準備を進めております。
今後の状況により、変更になることがあるかもしれませんが…、この状況下でできること、今だから表現できることを、皆で話し合いながら 作り上げていこうと思います。
(今展は場合により変更が生じる可能性があり、印刷でのDMを作らずにお知らせはネット上で発信してまいります。)

-----------

musubiさんの展示の後は、6月30日から個展「あひろ屋 手ぬぐい店 十五」が神楽坂のラ・ロンダジルさんにて。毎年恒例のイベントですが、もう15回目になるのですね。今後の状況により、また変更があるかもしれませんが…、間に合わせてほしいものがあり、作り手さんにお願いしました。詳細はまた改めて。

 先が見えない状況でも、考えることや作る手を止めずに、今だからできることに淡々と向き合おう…と、コロナ禍に巻き込まれ始めた頃から思っていました。あひろ屋の仕事は多くの作り手さんが支えてくださっていて、皆さまの現状の厳しさは日々深刻になっています。微力であっても、発注を続けていきたい。それができているのは、お客様お一人お一人のご注文や、励ましのお言葉をいただくからです。本当にありがとうございます。

 少し出荷が遅れておりますが、イベントの準備等が始まっていることもあり、ご迷惑をおかけしてしまいますが、どうぞ よろしくお願いいたします。



 ベランダで育てている山葡萄が実をつけ始めました。昨年よりもたくさん。
水切れさせないように、気をつけます…(よくそれで実がダメになってしまうので。)

2020/05/11

今週も どうぞ健やかに…

ご近所のノダフジ(白花)。いい香りが漂います。


 新型コロナウイルス感染症についてや、世界の急速な変化などに、気持ちも状況もついていくのが大変ですね。
先月は、不安からくる不調などもありましたが、この状況に慣れたのか、乗り越えたのか、今は復活しております。とにかく眠ること、情報はほどほどに、自然の中に身を置く…ということを心がけていました。

 気力は充分ではありませんが、これからの季節に向けて、外出自粛は続くとしても、仕事をまわしていくために動きを止めることはありません。展示会も開催へ向けて準備しています。

色見本づくり。


 もう新しい世界にいる…と思うと、選ぶこと、目指す先も少し変わってきました。大切なことを、大切にするために、深く感じ、動いていかねば。




 先日、田植えのお手伝いをしました。社会的距離、を保ちつつ、皆で協力し合いながらの作業でしたが、とても充実した時間でした。この田んぼで穫れるお米のファンでもあり、しみじみとした気持ちで手植えしていました。
田んぼに足を入れた時の温かさや感触は久しぶり。お米についてや、季節ごとの農作業を教えていただき、主食としてのお米に対する思いを強くしました。





散歩中に出会った ササバギンランとキンラン。
こういう花々が育つ環境を、これからも大切にしていきたいです。




2020/05/03

19周年。ありがとうございます。



緑が濃くなってきました。

 先月の「+1手ぬぐいキャンペーン」、ご感想をありがとうございます。多くの方からご注文をいただきました。この連休も出荷を続けていますが少し遅れております。お届けまで、もう少々お待ちくださいませ。


 今年は、予定していた催事がほぼ延期になりまして(今年に入ってから催事はゼロ…)今後もいくつかの予定はあるものの、日程はともかく開催自体もまだ決定できておりません。先が見通せない状態がしばらく続くと思われますが、その中で準備もしなければならず、発注調整に悩みつつ、手探りの日々です。
今年はいつもの年より、在庫数、種類が少ない状態で営業していくことになりそうです。
催事について、営業についての最新情報は、ホームページほか各SNSでも発信してまいります。





 緊急事態宣言が5月31日まで延長されるようですね…。
長丁場は覚悟していましたが、仕事や暮らしへの影響は大きく、様々なことを考えます。
…とにかく、大切なのは命。皆さまも、お体にはお気をつけくださいませ。




 5月1日、あひろ屋は19周年を迎えました。
多くの方々の応援や支えがあり、ここまで来ることができました。
ほんとうに、ありがとうございます。

2020/04/23

「+1手ぬぐいキャンペーン」は4月末までです

 今月の1日から始まりました「+1手ぬぐいキャンペーン」(三千円以上お買い上げの方に 手ぬぐい1枚プレゼント)は三週間を過ぎ、大勢の方に手ぬぐいをお渡しすることができました。

キャンペーンのきっかけは、コロナ禍に不安を感じ過ごしている時に、ご注文をくださったお客様にお礼をお伝えしたかったことと、何かささやかな贈り物を、と思ったことでした。
友人たちや家族からは、さまざまな形で励ましてもらい、自分が受け取ってきた優しさを また誰かに渡してゆくことが大切、と感じました。

そうした思いを 受けとめてくださった方が多く、毎日のようにメールを頂戴し、私は手ぬぐい以上のものを またいただいてしまったようです。

”+1手ぬぐいは特別な日に使います”
”友人に贈りました”
”会えない家族に郵送”
”マスクを作りました”

…などなど。手ぬぐいは昔から暮らしに寄り添ってきた生活用品です。少しでもお役に立てたのなら嬉しいです。
キャンペーンは1ヶ月は続けよう、と思っておりました。4月末までのあと一週間、継続いたします。





 ベランダの山葡萄。蕾がたくさん出てきました。実りの季節が楽しみです。

2020/04/12

手ぬぐいでマスク作り。

 
「鉄線唐草」の手ぬぐいでマスクを作ってみました。裏地は手ぬぐいの白地の部分を使いました。(注染の手ぬぐいは化学染料を使って染めています。口や鼻などが長時間触れる内側の布は、ガーゼや 無地の晒生地などをお使いいただく方が安心です。)肌触りもよく、柄も楽しめて、いいものだなぁ、と思いました。
(ハサミを入れる時、ちょっと気が引けましたが…)
布マスクについては賛否両論があり、ウイルスなどは通してしまうとしても、こちらからの飛沫や咳エチケット、顔に触れる回数が減るという意味では良さそうです。作り方はネット上にたくさん載っていますね。皆さまもぜひ。

(*追記。
当店の手ぬぐい生地を使ってマスクを作り、販売したいというお問い合わせが増えておりますが、サイトの「ごあいさつ」のページに商用利用について記載しておりますのでご覧くださいませ。マスクについては許可をしておりません。
手ぬぐいのメーカーさんによっては、商用利用を許可している場合もあるようですが、マスクのデザインや手ぬぐいの柄には著作権があるものも多く、私的な利用以外では違法になることもございます。くれぐれもお気をつけくださいませ。)




 久しぶりに「滝縞(空色ぼかし)」「輪繋ぎ(紺色×紫色)」「浅蜊(水色×黄色)」が入荷いたしました。爽やかな色合いの手ぬぐいたち。これからの季節にぴったりです。


 流通にも、段々と新型コロナの影響が出始めていて、宅配便は現時点で1-2日の遅延が出ているエリアがあるとのことです。(お届け日時指定便の受付はしばらく休みます。)





 緊急事態宣言が出されているので外出はなるべく自粛しなければいけませんが、朝や夕方は人のいない場所を探してウォーキング。春の美しい眺めが広がっている玉川上水緑道です。



2020/04/08

緊急事態宣言…(オンラインストアは営業中)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府から緊急事態宣言が発令されました。東京都も外出自粛要請が出ています。
サイトなどでもお知らせしておりますが、今のところ出荷は続けております。配達日のご指定の受付はしばらく休みますが(お約束の日にお届けできない可能性があるため)、時間帯のご指定は可能です。

このような状況下で、物流、医療、食品等の製造販売に従事されている皆さまに感謝いたします。そして、感染されてしまった方やご家族にお見舞い申し上げます。



 覚悟はしていましたが、いくつかのイベントが延期になりました。
今はとにかく、感染拡大防止が大切ですね。おうちで過ごしましょう…。

イベント関係者の皆さまと 連日やりとりをしていますが、あらためて、すてきな方々とご一緒させていただいていたと実感。今後も変更や中止などがあるかもしれませんが… 都度お知らせしてまいります。会期まで時間をいただいたことで、さらに、よりよいものになりますように。


 「+1手ぬぐいキャンペーン」のご感想をいただく日々です。とても励みになっています。できることは小さくても、思いは届くのかもしれなくて。





 手製本ノートなどを作られている Endpaperさん。当店の手ぬぐいを使ったノートも。
こちらは「桜」手ぬぐいのノート。そしてEndpaperさんオリジナルのインクです。きれいな桜色ですね。
工房&ショップは名古屋ですが、オンラインストアでもお買い物ができるそうです。



工房&ショップ 手製本notebook Endpaper

名古屋市中区大須3-42-6 ともしびアパート401

Endpaperさんのオンラインストア https://endpaper.thebase.in




ご近所で見かけた立派な椿。

2020/04/01

「+1手ぬぐい」キャンペーン




「+1手ぬぐい」キャンペーンのお知らせ

いつも ありがとうございます。
新型コロナウイルスのことで落ち着かない日々ですね…。
メーカーとして どのように進んでゆくべきか、考えることが増えました。


このような時期であっても いただけるご注文に励まされ、ありがたいメッセージに心が温められています。
仕事として続けていくことはもちろん、感謝の気持ちをお返しし、この状況の中でもできるところから、少しでも明るいことに繋げていけたらと思いました。


1回のご注文が3,000円以上のお客様に、手ぬぐいを1枚プレゼントいたします。(4月末くらいまでは続けたいと思います。)柄選びはこちらにお任せください。また、その手ぬぐいは別包装にいたします。ご自身でお使いいただいても、贈り物としていただいても…。


この不安な日々の中、友人たちからは美味しいもの、きれいなもの、楽しいものを受け取ってきました。その温かい気持ちのバトンを、私も渡してゆきたいと思います。



Instagramでは版下作りの未公開ショットなども載せております。



ツタバウンランに囲まれて、今年も露草が芽を出しました!
楽しみです。


「あひろ屋と綯屋」展がmusubiさんにて。

musubiさん のサイトより 身近な自然や季節の移り変わりを慈しむように。 人々の希望や、願いや、想いを写し取るように。 心動かされるものをそれぞれの審美眼で美しい意匠に仕立てるあひろ屋・野口由さんと綯屋・横畠梨絵さんの作品をご紹介いたします。時節柄、...