2021/04/01

一年ぶりの「+1手ぬぐい」キャンペーン

 


 一年前の今日は「+1手ぬぐい」キャンペーンを始めた日。
新型コロナウイルスという未知のものに対し不安な日々が続き、気持ちが縮こまっていた時に、メーカーとして進むべき方向や何かできることはないか、と日々考えていました。

あの頃はイベントがほぼ中止になり、先が見通せなくなる中、いただくご注文や温かいメッセージ、友人や家族からの支援物資、美しい作品や表現に触れ、気持ちと暮らしを支えることができたように思います。


その ”温かい気持ちのバトン” を繋いでいきたいと思い、始めたキャンペーンでした。「+1手ぬぐい」を贈り物にされた方も多く、ご報告をいただくたびに私も嬉しかったです。

一年が過ぎても、様々な場面で厳しい状況が続いていますが、今があることの感謝とともに、一年ぶりのキャンペーンをおこないます。

期間:2021.4.1(木)から 4.10(土)まで 
1回のご注文が 3,000円以上(税込・送料別)のお客様に、手ぬぐいを1枚プレゼントいたします。柄選びはお任せくださいませ。


(キャンペーンをお知らせしていなかったので、昨日ご注文をくださった方にもプレゼントいたします。)

2021/03/28

お知らせ いろいろ

 




 昨夜から久しぶりに「注染+琉球藍染め」手ぬぐいを販売しております。冬の間は発酵も緩やかなので、染めることができたのはわずかな枚数でした。それなので種類も枚数も少なめですが、楽しみにしてくださっている方もいらっしゃるので、販売することに。
今後は夏と秋の個展での販売用に染めていくため、オンラインでの販売は少し休みます。




 「もくもくいし」さんでひらかれている「おいしい道具展」は本日最終日ですが、今夜からはオンラインでの販売が始まります。(31日まで。)遠方の皆さまや、なかなかこの時期はお出かけが難しい、と思われた皆さま、どうぞ ご利用くださいませ。




 二週連続で手ぬぐいが入荷したこともあり、ご注文が重なり出荷が遅れ気味ですみません。お急ぎの(日時指定のある)ご注文はお受けできない可能性があります。当店のオンラインストアよりも、お取引先のお店の方が種類を多くお持ちの場合もありますので、そちらでのお買い物もオススメします。(通販可能なお店も多いです)
サイトに全国のお取引先一覧ページがございます。




友人が送ってくれた美味しいお野菜のセット。毎日のごはん作りが楽しかったです。



 国立の大学通り、一昨日の眺め。満開の少し手前の桜です。




 久しぶりに都心部へ出かけたので美術館へ。この展示を楽しみにしていました。小村雪岱は高校生の時からファンで(高校の近くに県美があり、時々出かけていました。展示ではなく、売られていたポストカードの絵が雪岱との出会いでした。)その当時から好きだった絵を間近に見ることができ、感動しました。デザイン性、”間” のバランス、しなやかな線で表現された世界…、ため息が出ました。


2021/03/20

決済の方法が増えました

 


 雲龍椿と侘助を育てていますが、椿の木があるとつい、タネが落ちていないかと見てしまいます。そして落ちていると拾わずにはいられない。これは白い八重の花でした。(白楽天かな?)芽が出ますように。



 戸越銀座の もくもくいし さんでの展示会「おいしい道具展」は本日4日目。先日入荷しました「枝桜」「浅蜊」などを含めた、春の柄がずらりと並んでおります。
もくもくいしさんが、展示会の様子や、手ぬぐいの使い方アイディアなどのお写真を 毎日Facebookページや、Instagramで発信してくださっています。
展示会は3月28日まで。月、火曜日はお休みです。会期終了後にオンラインストアでの販売も予定されています。(在庫のある商品のみ。)


 東京は3月14日に桜の開花宣言がありました。はやいですよね。ソメイヨシノ以外の桜も次々に開きはじめ、すっかり春です。





 今年から、オンラインストアの決済方法に コンビニ決済とカード決済を追加いたしました。(大変お待たせいたしました。)
コロナ禍で ”非接触” がキーワードになり、銀行へお出かけいただいたり、ATMの操作、代引でのお金のやりとりなどを、なるべく減らすために…。以前からご要望をいただいていたのですが、手数料負担や 変化する送料の設定に悩んでいました。それらのことと、感染のリスクを比べたら…モジモジとしている場合ではないですね。ぜひ、ご利用くださいませ。
(レターパックライトでお送りできる枚数や内容に制限がありますので、ご注文の前に必ずご確認ください。)



2021/03/13

来週から「おいしい道具展」です



 来週から始まるイベントに向け準備に追われていましたが、ようやく出荷。
緊急事態宣言が延長されたこともあり、どうぞどうぞ!という雰囲気でもないのですが、お店は感染拡大防止のために様々な準備をされています。私も会期中、ちょっとお店番ができたらなぁ、と思っております。

「おいしい道具展」3/17 - 3/28  (初日16時までは事前予約制)
もくもくいし 東京都品川区豊町1-4-12  1階





 侘助が咲いたり、露草が芽を出したり、ベランダも春めいてきました。
世の中は大きく変化していますが、植物たちの季節ごとの姿や存在に癒されます。とはいえ、気候変動は小さな動植物には影響が大きいので、かなり心配です。



 3.11 から10年。様々なメディアから流れてくる情報やあの日の映像に触れていて、心身が当時とそれからの日々を思い出し、苦しくなりました。震災や原発事故だけでなく、多くのことが失われ、分断し、元には戻りませんでした。このコロナ禍、じつはまた同じようなことが起きているとも感じています。世界は多層で複雑でわかることや知っていることなどはほんの一部。

もちろん、よりよくなったことや、前に進めたこともあるけれど…、思考を止めずに、ゆがまずに現状を見て、これからをしっかりと考えていきたいものです。
(電力会社を自然エネルギーのみの会社に変えたり、日々の買い物を見直したり。もっともらしくみえることや発言を疑うことなど…、できるところから少しずつ。)





 立川の「PLAY!MUSEUM」で アーノルド・ノーベル展と、エリック・カール展が同時開催中です。(市民割引があり嬉しいです。ステッカーとクッキーのお土産付き。)どちらも3月28日までの開催です。
美術館のテーマは、”絵とことば”。 すてきな展示でした。「がまくんとかえるくん」など、好きな絵本の原画を間近に見ることができ、当時の印刷技術や編集者さんとのやり取りなどを知ることができ、感激しました。(改めて読み返し、がまくんとかえるくんの友情にしみじみとしました。)



 今年も味噌を仕込みました。来月は麦味噌に挑戦です。
イベントも続き、繁忙期に入っていきますが、季節ごとの暮らしの仕事も大切。
お味噌も藍甕も(ぬか床も)、微生物たちの働きのおかげです。


2021/02/19

新作「摘草」が発売です

 


 60柄目の手ぬぐいは「摘草」です。昨日発売いたしました。
芹、蓬、蕨を、青みのある緑色で ぼかし染めにしています。 

春、野草を摘んできては、飾ってくれたり、料理してくれた母に感謝の気持ちを込めて描きました。その手間や思いに、当時は気づけませんでしたが、こうして自分が歳を重ね、春を待ち遠しく感じるようになると、しみじみとありがたさが込み上げます。


寒中の頃に版下を描いていましたが、ベランダで育てていた芹もモデルになってくれました。

ヨモギ(絵)とセリ(生)。






 先日の地震は、10年前のあの日の揺れ方に似ていて、とても恐ろしく感じました。皆さまは大丈夫でしたでしょうか。被災された方々に、お見舞い申し上げます。



 
 ご近所では河津桜が咲き始めていました。来月にはソメイヨシノも咲きますね。
イベント準備や、楽しみなコラボなど、いろいろと進行中です。時期がきましたら、お知らせいたします。

2021/02/08

サイトURLが変わりました

 



【 URLにつきまして 】

 サーバの移転にともない メインのサイトの閲覧ができなくなっておりましたが、原因の一つはURLによるものでした。
今までは、www があってもなくても表示されていたのですが、現在は「www抜き」でないと表示されなくなっております。

http://www.ahiroya.jp → http://ahiroya.jp

20年近く使い、馴染んでおりましたが、今後のこともありますので、順次「www抜き」の表記に切り替えてまいります。(ブックマークをしてくださっている皆様にはお手数をおかけいたします。)

どうぞ よろしくお願いいたします。



 ここ数日は、このサーバの移転に絡むことで悩ましく、仕事をしながらも考えることがいろいろとありました。将来を見据えてのサーバ移転でしたが、10数年の間には、様々なことが変わっていて、改めてそれらと向き合うことになりました。

引き続き、ネットやサイトについて勉強しつつ、時代に合わせたサービスを提供できる体制を整えていかねば、と思いました。

表示の不備を知らせてくれたり、何か手助けできることは?と連絡をくださった方々に感謝いたします。このブログやオンラインストアを独立させておいたことは、本当によかったと思いました。そしてSNSを続けていたことで(多くの方がフォローしてくださっていたので)、今回のことをすばやく皆さまにお知らせすることができました。

 今後も さまざまなことが課題として見えてくると思います。その都度、対応していく中で、あひろ屋は成長するのかもしれません。




 琉球藍の藍甕バケツの様子は、昨年夏から日記として残しています。わからないことだらけなので、そのノートの記録を頼りに、お世話の仕方を調整してきました。
先月から色合いが薄くなり、寒さだけではないと感じ、以前から気になっていた「泥藍の継ぎ足し」をやってみました。発酵建てなら、それができるというのを読み、試してみたところ…、うまくいっているようです。
藍分が減り枯れた雰囲気で静かに過ごしていたところに、ピチピチの泥藍たちが追加されて、藍甕は驚いたと思いますが、いい青色に染まるようになってきました。この環境で半年生きてきた微生物たちと、勢いのある微生物たちと、協力し合っているようです。(一時期、染液は腐葉土みたいな匂いでしたが、今はすっかり藍のいい匂いに。)


2021/01/30

サーバの引越し

 10数年ぶりにレンタルサーバの引越し中で、あひろ屋のメインサイトの表示が1/28から止まっております。(最新情報をアップしているサーバも存在しつつ、管理会社の切り替え待ち…)

サイトの更新日は「STOCK LIST」の日付でわかるようになっているのですが、最新情報はFacebookページInstagramオンラインストアに載せております。お急ぎの場合はそちらをご覧くださいませ。昨日、手ぬぐい「鉄瓶(黒)」「しゃぼん玉」が入荷しております。


 

 一昨日は牡丹雪が舞い、きれいな眺めでした。
…そんなことが言えるのは東京だからで、今も北の地方では吹雪いているそうです。雪下ろしが大変な地域の方からのお話が忘れられず。




 その寒さの中、藍染めはゆっくりと進行中です。
発酵速度が遅いのもありますが、じっくりと調子を上げていく藍甕を見ていると、寒い季節はそれなりに過ごせばいい、という気持ちになります。(液温を下げ過ぎてはいけないので、時々ヒーターを当てていますが。)春が待ち遠しいです。




 カメラと写真について、改めて勉強中です。
奥深く、面白い世界。感覚を頼りにしていたけれど、やはり構造や原理を知ることは大切ですね。


 
 緊急事態宣言は地域によっては延長されそうですが…、いつかはコロナもおさまると信じて、心身を大切に過ごしていきたいです。
一年で一番寒い季節、皆さまもご自愛くださいませ。




一年ぶりの「+1手ぬぐい」キャンペーン

   一年前の今日は「+1手ぬぐい」キャンペーンを始めた日。 新型コロナウイルスという未知のものに対し不安な日々が続き、気持ちが縮こまっていた時に、メーカーとして進むべき方向や何かできることはないか、と日々考えていました。 あの頃はイベントがほぼ中止になり、先が見通せなくなる中、...