2019/11/11

冬の柄も入荷しております

 手ぬぐいは、柄に意味を込めたり、季節感を表現できることが素敵だと感じています。(世の中には無地の手ぬぐいもありますが…)
冬苺、宿木、六花、南天。冬を感じる柄が入荷し、いよいよ寒い季節が始まり、来月はもう師走で、再来月は新年なのか…と考えていました。大人は焦りがちですが、この季節、この日、この時を楽しんでいこうと思います。



 
 植物染め+柿渋の「手ぬぐい風呂敷」は、染める植物や使う柿渋の種類、媒染剤によっても色合いが様々で、染めるたびに発見や驚きがあります。染めあがってからも、時間を置くことで少しずつ色が変化しているようで、これからも楽しみです。今月はいくつかのお店とオンラインストアで販売を予定しております。


2019/11/04

近況など

 穏やかな天気が続いています。ただ晴れているだけで、満たされた気持ちに。ほんとうに雨や災害が多い秋でした…。今週は東京も最低気温が一桁になるそう。体調には気をつけたい時期です。

盆栽の雲龍椿は大きな実を。中からタネが3つ!


 来年に向けて、少しずつイベントのお話や予定も入り始めました。あっという間の一年、来月はもう師走なのですね…。今年を振り返る余裕もなく、また慌ただしく暮れてゆくような気がしています。

 最近は、繁忙期にできなかった植物染めや、来月のイベント準備をコツコツとおこなっています。手ぬぐいを縫い合わせた「手ぬぐい風呂敷」は、植物染め+柿渋染めでも作っていて、染める楽しさと難しさに日々向き合っています。






 …首里城の火災焼失のニュースは、衝撃的で、悲しかったです。
沖縄の方々のお気持ちを思うと…胸が痛みます。復元、再建されますように。

(22年前のパンフレット。)



2019/10/25

久しぶりの入荷

「牡丹(紫色)」一年半ぶり、
「箸格子(赤)」三年ぶり、
「籠目(梅鼠色)」六年半ぶり…
今回、入荷した手ぬぐいは、どれも久しぶりに染めたものでした。
使える染料が変わったことで、色合いが以前と違うかも…と聞いていましたが、ほとんど変化はありませんでした。職人さんの感覚の確かさを感じました。

 柄が毎年増えていることもあり、染めてゆく間隔は少しずつ長期になっております。次に染めるのは何年後になるのでしょう…。在庫のあるこの機会に、よろしくお願いいたします。




 注染手ぬぐいは化学染料で職人さんに染めていただいておりますが…、自分でも手を動かし、染める作業(植物染め)は楽しいもので、少量しか染められないものの、地味に続けています。
商品としての植物染めの作業の終わりに、染液や媒染液が余っている時は身近なものを染めてみます。色落ち、変色、素材によっての違いを確認したいというのもありますが、染め替えて着てみたい服も。




 先週は、デザイナーの川上元美さんと家具モデラーの宮本茂紀さんの対談を聞き、宮本さんの展示も拝見。とてもいい時間でした。
同じ銀座でひらかれている「工芸批評」展へも。(友人たちの作品も並んでいました。)"作ること" や "デザインすること" を改めて考えたり学んでいる途中なので、どのお話も、展示も、勉強になりました。








2019/10/13

台風19号

 このたびの台風被害に遭われました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
少しでも早い回復を お祈りいたします。
(時間差で河川の氾濫の危険もあるそうです。引き続き お気をつけくださいませ。)


 ご心配いただき、連絡をくださった皆さま、ありがとうございました。心強く、ありがたく思いました。とりあえずは無事でしたが、いつまた このような災害が襲うかもしれず、気を引き締めました。


 出荷は15日(火)より再開いたします。エリアにより、配達の遅延なども考えられます。どうぞ ご了承くださいませ。

台風一過の朝。ベランダの壁際で暴風雨を乗り越えた植物たち。

2019/10/08

10月ですね

 10月に入っても30度近い日が続いたり、大型の台風がまた直撃するような予報が出ていたり。いろいろと心配になります。(今回の台風も怖いです…気をつけなくては。)



 今年の個展は全て終わり、次は12月中旬のクマンマンまで イベントはお休みです。
少しずつ、来年の予定が決まったり、新しいお仕事のご依頼をいただいたり。来年以降が見えてくると、また やる気も湧いてきます。


刈安で染めているところ。


 まとまった時間が取れるようになったので、また植物染めを始めました。手ぬぐいを縫い合わせた「手ぬぐい風呂敷」を染めたものを時々販売していますが、秋冬の間に、なるべく染めておこうと思います。染める作業は楽しいですが、とにかく手間と時間がかかるので、繁忙期には なかなか…。染めは奥深く、毎回 気づいたことをノートに書き留めていますが、よくわからないこと、失敗も多々。もっと染めたり、勉強したいと思います。


友人のおうちのヤギさん。


2019/09/29

「あひろ屋の仕事展」は終了いたしました。



 福岡の望雲さんでひらかれていました「手ぬぐい あひろ屋の仕事展」は、終了いたしました。お越しいただいたり、お気にかけていただいた皆様に感謝いたします。


初日からの2日間は私もお店に立ちましたが、暑い日が続いて驚きました。そのあとは台風が接近し、臨時休業などもありました。その中で、大勢の方にご覧いただけたことを、とても嬉しく ありがたく思っております。


 今回のテーマは ”仕事展” ということで、手ぬぐいだけでなく、手ぬぐいになるまでのスケッチや下絵、版下、色見本、そして染めの工程で使用する型紙やヘラなども展示いたしました。今どきにしてはアナログな方法で作られていることに、驚かれたかもしれません。(注染の手ぬぐいは、様々な工程があり、分業であり、大勢の手によって作られています。) 


世の中や、人々の意識、技術はものすごい速さで進んでいますね。注染という染めも、手ぬぐいも、そして私自身も、これからどのように進んでゆくのか、変わってゆくのかわかりませんが…、振り返ったり、今を見つめたりしつつも、挑み続けていければと思いました。


 望雲さんは、3年に一度のペースで展示をしてくださっていて、今回で4回目でした。初回時から欠かさず来てくださる方、オンラインストアでお買い物をしてくださっていた方、友人たち、お世話になっている方々とお会いできたことが嬉しかったです。


 臨時休業中は出荷などをお待たせしてしまったお客様、ご理解いただきまして、ありがとうございました。望雲の皆様、このたびも 大変お世話になりました。 




 5月から毎月のように各地で続いていた個展も、今年はこれにて終了です。いつか また皆様にお目にかかれることを楽しみに、励んでまいります。





2019/09/24

送料変更と サイトのメンテナンスにつきまして

 【送料変更とサイトのメンテナンスのお知らせ】
10月1日より、レターパックライトの料金が、360円から 370円に変更になります。

表記変更やサーバのメンテナンスなどで、9月30日の夕方より、10月1日のお昼頃まで、サイトの閲覧ができなくなったり、オンラインストアが休止になる時間帯がございます。
どうぞ よろしくお願いいたします。



「撫子」柄の下絵


「撫子(墨色)」


夏から秋へ。
上から「撫子」「露草」「風知草」



 …恩師の訃報が届き、ぼんやりと過ごしていました。
たくさんの思い出と、いろいろな出来事と、教わった多くのことが蘇り、なんとも言えない気持ち。(私の仕事をほめてくれていたことを知り、嬉しかったです。)先生、本当にお世話になりました。もう一度、あの山形弁を聞きたかったです。


冬の柄も入荷しております

 手ぬぐいは、柄に意味を込めたり、季節感を表現できることが素敵だと感じています。(世の中には無地の手ぬぐいもありますが…) 冬苺、宿木、六花、南天。冬を感じる柄が入荷し、いよいよ寒い季節が始まり、来月はもう師走で、再来月は新年なのか…と考えていました。大人は焦りがちですが、この...