2021/01/07

今のところは通常どおりに。

  寒の入りの頃から、さらに冷え込むようになりました。寒気の中で白梅の盆栽の蕾は膨らんでいて、来週には開きそうです。


 東京を含む一都三県に、また緊急事態宣言が出されました。一ヶ月になるのか、二ヶ月間になるのか…。基本的なことに気をつけながら、静かに過ごします。
郵便局などに確認をしましたが、今のところ時短要請はないそうで、出荷も通常どおり行います。(1/7現在)

(うちの南天たち)



 今年はイベントが多く、続々と動き出していますが、状況によっては延期や中止になることもありそうです。
昨年の苦難や、感じたこと、学んだことを活かすためのこれからだと思って、いろいろと動いていきたいです。もちろん、健康と安全が第一です。



 約一ヶ月ぶりに受注を再開しました。
さっそく、ご注文をいただきました。ありがとうございます。長くお待たせしてしまい、ご迷惑をおかけいたしました。

どこかが止まってしまうと、全体的に大変になることもわかり、メンテナンスやサーバーの引越しは短期で済ませられるよう、工夫していきます。
受注の重なり、出荷の遅れへの対応は長年の課題ですが、今回の良かった点と反省点を踏まえていきます。

(みかんを絞って、温めた「ホットみかん」。)


 良かったことの一つは、体調を崩さずに年を越したこと。腱鞘炎が和らいだこと。過労を防いで、しっかり休むことは、長く仕事を続けるためにも大切だと(中年になると)よくわかります。見直しをしたり、後回しにしていたことに取り組めたのは、このタイミングで良かったと感じています。

 もうコロナ前の世界ではないのだし、この状況とともにできることを。ようやく、そんなふうに思えるようになりましたが、何事も精一杯だった昨年は全体的に記憶が薄いのです。(そのうちブログを読み返して、当時に何を考えていたのかを振り返ります…)




 琉球藍の藍甕バケツさん。時々あたためているので機嫌もよく、手ぬぐいも いい色に染まっています。今夜は新しい灰汁(木灰に湯を注いだ上澄み)を追加。

日中は検品や出荷があり、染め作業中は電話にも出られないので、藍染めは夕方からの仕事です。冬の夜の水仕事は体にこたえる。(早起きすればいいのですが。)


2021/01/03

2021年もよろしくお願いいたします

 新年明けましておめでとうございます。

昨年は新型コロナウイルスの登場で大変な一年でしたが、こうして新しい年を迎えることができましたのは、皆様のお支えや励ましのおかげです。本当にありがとうございます。
現在も感染拡大中で(非常事態宣言が出されるとか、出されないとか)、先が見通せない日々は続きそうですが、心身を大切に過ごしていきたいですね。



 仕事部屋の鏡餅です。
1月6日より営業を再開いたします。→ (追記:1月5日から営業を再開いたしました。非常事態宣言が発令されるようなので、出荷を前倒し。)




 昨年、musubiさんの展示会でご一緒した「綯屋」の横畠梨絵さん。毎年、注連縄やお飾りの発売が楽しみなのですが、今回は「しめ飾り 蛇」を選びました。稲藁は横畠さんが育てたもの。造形の美しさと力強さに惹かれました。






 12月10日から受注をお休みし出荷に集中しておりましたが…、結局28日まで作業は続きました。その後は おせち料理を作ったり、届けに行ったり、と年末年始の慌ただしさはいつも通り。サイトの見直しなど、6日までに終わるのか心配になってきました…。

 元日に日付が変わった頃、家族全員でビデオ通話にて挨拶をしました。時差の関係でまだ2020年の人、2021年にいる人など、話しながら不思議な感覚でしたが、こんなふうに繋がりあえるなんて夢のよう。便利な世の中になり、コロナウイルスの影響で直接会えなくても、やはり顔が見られるのは嬉しいもので、いろいろなことが伝わり合ったような気がします。




 今年も張り切って作りましたが、二種の穴子の昆布巻きは食べ比べができて面白かったかも。丹波篠山の黒豆「飛切、極上」は素晴らしいお豆でした。活き車海老の模様や配色が美しく、ザルの隙間から観察しました。





 あひろ屋は今年5月に20周年を迎えます。
気持ちを引き締め、初心を忘れずにいこう、と年明けに思いました。
2021年も どうぞよろしくお願いいたします。



2020/12/21

年内分の出荷を終えました

 年内分はすべて出荷を終えました。今年も一年、本当にありがとうございました。(大変な年になりましたが、皆さまに励ましていただいたことを、心から感謝申し上げます。)


冬至。ここからまた陽がのびてくるのは嬉しいことです。

西洋占星術的にも、明日は大きな節目らしいですね。(土星と木星がほぼ重なるように見えるとか)写真は数日前に撮ったものですが、三日月の横に、木星と、うっすらと土星が写っています。綺麗な空でした。



 今月は早々にご注文を締め切り、オンラインストアも休止させていただきました。先月から続いていた入荷もあり、ご注文が重なりまして、このような判断になりました。
毎年、12月はとにかく慌ただしく、様々なことが集中します。受注を一ヶ月近くも止めてしまうのは経済的にも辛いのですが、お待たせしつつ焦って仕事をするよりも、確実に(なるべく早く)お届けすることを優先し、一年を締めくくる方がいいと感じました。

この機会に、オンラインストアほか、業務上のことなども見直しをする予定です。刻々と移り変わる時代の中で、大切に続けることと、改善や見直すことの確認は必要なため、今後もこの時期は諸々のメンテナンス期間として、休業することを考えております。
どうぞ よろしくお願いいたします。

オンラインストア休止期間: 2020.12.11 - 2021.1.5
冬季休業期間:2020.12.25 - 1.5 



 駅前のお花屋さんにヤドリギの入荷時期を尋ねましたら、年に一度の入荷日を教えてくださいました。やはり魅力的な植物。毎日眺めています。




 

 最終日に滑りこみ。十時啓悦先生の退任記念展ですが、作品はもちろん、技法や制作過程を紹介する動画に見入ってしまいました。
「十時啓悦 - 樹木と漆と暮らし」展 武蔵野美術大学美術館


2020/12/06

年内発送分の受付は12/10までです

 【年末年始の営業のお知らせ】

誠に勝手ながら年内出荷分のご注文の受付は 12月10日まで とさせていただきます。
11日以降のご注文につきましては、年明けの1月6日より順次出荷予定です。

*冬季休業期間: 2020.12.25 - 2021.1.5

どうぞ よろしくお願いいたします。

12/7 追記:12/11から約一ヶ月間、オンラインストアを休止いたします。
メンテナンスなど行う予定です。



今年も年末年始の営業予定をお知らせする季節になりました。
あっという間の2020年。忘れられない年になりました。

手ぬぐいの入荷が続き、ありがたいことに多くのご注文を頂きまして、
出荷までにかなりお時間をいただいております。
受注を一旦止めて出荷に専念するため、年内に配送をご希望の場合は
12月10日までにお願いいたします。

知らずにご注文をくださる方がいらっしゃるかもしれないので、
11日以降は オンラインストアも休止するべきか考えております。
(約一ヶ月ほど、オンラインストアが閲覧できない状態になると、
閉店?と心配されてしまうかも…。
その間にオンラインストアのメンテナンスも行いたいと思います。




 はやぶさ2のカプセル帰還、ドキドキしましたね。地球から出かけて行って、目的の小惑星に着陸して、また飛び立って、地球にカプセルを落下させるなんて!(そして、はやぶさ機は11年後の新たなお仕事に向けて、地球を離れ飛行を続けているというのだから、本当にすごい。)カプセルの中身が気になります…。

2020/12/01

「鉄瓶」手ぬぐいの "みかん茶色" は数量限定販売です

  12月に入りました。激動の2020年もあと一ヶ月…。

先日発売の藍染め手ぬぐい、そして新入荷品へのご注文をありがとうございます。只今、出荷に励んでおります。

発売から20年になるのを記念して「鉄瓶」手ぬぐいフェアが続いていますが、今回は ”みかん茶色” です。この季節にぴったりな、温かみのある、落ち着いた色合いです。

(20年前のちょうど今頃、いたずら描きをしている時に思いついた柄でした。もうすぐハタチになる「鉄瓶」手ぬぐい。これからもよろしくお願いいたします。)



 一時期、在庫がとても少なくなってしまい ご心配をおかけいたしましたが、先日いろいろ届きまして、さらに今月も入荷する予定です。発注と在庫のバランスは今でも難しく、オンラインストア、卸販売、イベント用に割り振っているのですが、大口注文が入ったり、検品で商品にできない手ぬぐいが多数見つかるなど、予想できないこともあります。(たくさん染めておけばいいのでしょうけれど、そうもいかない自転車操業…)



 
 気温は下がってきましたが、台所なのでギリギリ室温を保ち、藍染めはまだ行うことができています。日々のお世話もだいぶ慣れました。毎日様子が変わる藍甕と暮らしていると、生き物は、こうして刻一刻と変化したり、揺らいでいるもの…と実感します。







 友人家族が営む農園から野菜を送ってもらうと、ポップコーン用のとうもろこしも入っていました。とてもきれいな実。
バターと塩、オリーブオイルを入れ蓋をして火にかけると、ポンポンと弾けて、とても美味しくできました。

2020/11/20

藍染め手ぬぐいは21日夜に販売予定です。

  季節外れの暖かな日が続き、おかげさまで藍甕の琉球藍が元気です。やはり、温度が大切…。来週からは本来の寒さへ戻るようなので、室内とはいえ、これから春までの藍の状態が気になります。




 先日分の販売では、わずか1日で完売してしまった「注染+琉球藍染め手ぬぐい」ですが、お問い合わせを多くいただいておりましたので、次回販売予定日時をお知らせいたします。
●2020年11月21日(土)午後8時頃から オンラインストアにて。
多くは作れないため、今後も時々の販売になると思いますが、どうぞ よろしくお願いいたします。



 今月分は来週あたり、そして来月分は中旬以降になりますが、手ぬぐいが続々と入荷予定です。(在庫が少ない状態が続き、ご迷惑をおかけしております。)
今年はイベントがほぼ中止になり、お店からのご注文も少ない年になりましたが、毎月の染め屋さんへの発注を続けることができました。(例年より少ない量ではありますが。)多くの方がオンラインストアをご利用くださったおかげです。本当にありがとうございます。



 コロナウイルスの感染者が急に増え始め、第三波ですね…。
引き続き、気をつけながら、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。


ベトナム式のコーヒードリッパーをいただき、久しぶりに甘いコーヒーをいただきました。(深入り豆+練乳)昨年の春はダラットで、のんびりと飲んだなぁと思い出していました。海外で気ままに散歩を楽しんでいたなんて、夢のようです。



2020/11/02

注染+琉球藍染め 手ぬぐい、発売です!



 昨夜、オンラインストアにて「注染+琉球藍染め 手ぬぐい」の販売が始まりました。
ここに至るまでが長かったということもあり、発売のお知らせをサイトに載せた時は、しみじみとした気持ちに。多くのご注文をいただき、今日はすでに在庫がわずかとなりました。本当にありがとうございます。またコツコツと染めていきたいと思います。
(11/3 追記 発売からわずか1日でしたが…今回分は完売いたしました。ありがとうございました。ある程度、枚数が揃いましたら、また販売予定です。)

今後は、定期的にオンラインストアで、そして来年からはイベントでの販売を予定しております。
卸販売は(今日もご注文やお問い合わせがありましたが…)しばらくお待ちくださいませ。作ることができる数量や、店頭販売の難しさ(ライトなどの光でもヤケてしまうので、かなりの注意が必要です。摩擦で色移りがあります。)など課題はいろいろとありますが、ご希望くださるお店に、お客様に、手渡してゆけるようこれからも励みます。



 藍建て(藍色素を還元して染められる状態にすること)には様々な方法がありますが、当店では薬品等は使わず、原料は天然のもののみです。
藍染めに使用しているもの:琉球藍(泥藍)、木灰、貝灰、酒、水飴

藍染めについては、まだまだわからないこと、日々の作業の中で疑問も浮かびますが、手を動かしながら、その答えを見つけていくような気がしています。
藍甕の毎日のお世話や、染め重ねていく手間などはありますが、微生物たちの力を借りて、染色できる日々がありがたいです。




 先週、日本民藝館の「アイヌの美しき手仕事」展へ。作品から伝わる力強さと、造形の美しさに圧倒されました。(アイヌ民族について、私は何も知らなかった、と反省…)
「民藝」は衣裳編(812号)、木工編(813号)と二号続きでアイヌの手仕事特集です。読みながら復習をしています。





 朝、谷保天満宮へお詣りに。
今日は「うそ替え神事」と「一の酉」が重なる日で、木ウソと開運熊手を授かりました。(やぼ天神様の木ウソは おみくじ付き。大吉でした!)
本当は取り替えないといけない木ウソたち。可愛くてついコレクションしてしまいます…。左から、谷保天満宮、太宰府天満宮、湯島天満宮の木ウソさん。

谷保から国立駅まで、朝のウォーキングは気持ちがよかったです。 
日光浴をしているカメさんは、足をのばしたまま… リラックス中でした。


今のところは通常どおりに。

  寒の入りの頃から、さらに冷え込むようになりました。寒気の中で白梅の盆栽の蕾は膨らんでいて、来週には開きそうです。  東京を含む一都三県に、また緊急事態宣言が出されました。一ヶ月になるのか、二ヶ月間になるのか…。基本的なことに気をつけながら、静かに過ごします。 郵便局などに確認...