8/25/2008

祖母のための「赤べこ」手ぬぐい

朝晩が涼しくなり、風に秋を感じるなぁと思ったら急に寒いくらいに。
街路樹には早くも色づき始めた木々が。夏が去っていくことは、
やはりちょっと淋しいです。

前回の日記を書き終えた頃、祖母が亡くなってしまったと

連絡が入りました。
セミの幼虫を拾った夜は、救急搬送された祖母をお見舞いに

出かけていたのです。
突然のことだったので、気持ちの整理もつかないまま、
すーっと日々が流れていきました。
ふとした時に、子供の頃の祖母との思い出がよみがえります。

(数年前のことですが、あひろ屋が「誂えモノ」で

唯一デザインから手がけた手ぬぐいがあります。
それは、その祖母の卒寿祝いに作りました。

丑年生まれなので「赤ベコ」のデザイン。
喜んでもらえたことが本当によかったなぁ、と思っています。)



数日前、浦和の「楽風」さんに追加の納品に出かけました。

新作ほか、新しいバージョンの籠目や、出目金など、
9月半ばまで展示販売をしております。
楽風さんのお庭は自然で、木々や草花がしっとりとした空気を
作ってくれているよう。その日は庭師の方々が、作業をされていました。
お茶をいただきながら、何気なくお庭を眺めるのが好きです。



そういえば。お取引先の「和装はきもの・小物 加藤」さんから、

雪駄をいただきました。まだ暑い頃に。
チェック柄がかわいらしく、添えられていたお手紙にもグッときます。
『外で次の手ぬぐいの柄のスケッチをする時にでもはいてください。』






先日、納品を兼ねておじゃましました「空+kan」 さん。

お店の横には青々とした田んぼが!これから稲穂が色づくと、
さらに美しい眺めになるのでは。
お店には作家さんのモノ、古いモノなど素敵な品々が並んでいました。

私がその日にいただいたのは写真の「繭皿」。古いモノなのでしょうか、
いいツヤが出ていて、軽くて、大きさもほどよいです。
実際の用途を知っているので家族に教えてあげると『ひえ~~』と

言っていましたが、お蚕さんは感謝すべき素晴らしい虫なのですよ。



 

 

8/12/2008

セミの羽化を観察。

残暑お見舞い申し上げます。
毎日暑いですね、
皆様もどうぞお気をつけください。
 
昨夜、意外な場所でセミの幼虫と遭遇し、羽化を見てみたいと思い、
家につれて帰ってきました。盆栽につかまらせ、暗い雰囲気を作り、

様子を見ていると、
あるところまで登った時、体をリズミカルに動かしていました。

それがピタリと止まった後、羽化が静かに始まったのです!
夜中で疲れきっていたとはいえ、家族と興奮しながら見守りました。
白に近い薄緑色の体と、クリリ!とした丸い目。

先程までの幼虫の姿から、羽のある体へ。
今まで、本やテレビでは見たような気がしていた羽化ですが、

目の前で見ると言葉を失います。
感動の、感動の連続でした。(突然、つままれたり、

運ばれたりして、セミは驚き、大変迷惑したと思います。
しかし、私達には一生忘れられないだろうな、と思いました。)

さて、先日、新作「青海波」を発売致しました。

品切れ商品が入荷したタイミングでもあったので、
本当に沢山のご注文をいただきました、ありがとうございました。

「籠目」はボカシ染めのパターンを変更しました。いかがでしょうか。

「出目金」も入荷しております。全匹ボカシ染めなので、
職人さんは大変ですが、先日お会いしたときに『楽しかった』と

言っていただけたことが嬉しかったです。染める方も
楽しめるような柄って、いいなぁ、と思うのです。

新作の「カンナ」ですが…在庫僅少です

   ラ・ロンダジルさんでの19回目の個展、開催中です。 68作目のカンナ、植物染めの手ぬぐい、和装はきもの・小物 加藤さんのはきものと手ぬぐいで作られた花緒、そして TSUKIKUSA商品のお披露目。盛りだくさんです。 初日は危険な暑さの中、ご来店くださりありがとうございました...