2018/08/28

少しずつ通常営業へ。

 東京はまた暑さが戻りましたが、朝晩は秋の虫たちの声が聞こえ、少しずつ日が短くなっていることを感じます。




 お盆は休まず営業の予定でしたが、長い臨時休業となり、皆様にはご迷惑とご心配をおかけいたしました。
突然の悲しい別れがあり、呆然としながらも、様々なことと向き合う日々でした。今もまだ、不思議な気持ちと 受け入れなければならない現実に心が揺れていますが、出荷などは先週より再開しております。

 アイロンをかけていると、心が落ち着くことは以前から わかっていたのですが、今回のような大きな悲しみにあっても、それは変わらず、いつも通りの仕事を淡々とこなすことで救われています。お待たせしているご注文分も、お仕事が待っていてくれる、と思うだけで励まされ、元気が出ます。

 …感じられること、見える世界が変わってしまいました。
でも、より濃密に、鮮やかに、心に迫るようです。
お気遣いくださった皆様と、支えてくれている友人や家族に、改めて感謝しています。



 夏の間も続いていたイベントが この8月末でほぼ終了いたします。ご来場、お買い上げなど、本当にありがとうございました。
そして、また9月、10月は出張を兼ねたイベント出店などもあり楽しみです。準備が遅れておりますが、ここから気合いを入れていこうと思います。
(詳しくは、サイトのイベントのページをご覧くださいませ。)


2018/08/10

手ぬぐいやコースターなど入荷しました

 残暑お見舞い申し上げます

 台風が接近していた数日は涼しかったものの、また暑さが戻ってきました。何度か40度を越えた地域もありました… 日本の夏も変わってきたのか、たまたま今年は暑すぎるのか、まだわかりませんが、体調には気をつけて過ごしたいものです。



 「手作りひなや」さんの美しい縫製のコースター。久しぶりに入荷しております。(今回から価格が変更になりました。)表と裏では、違う柄の手ぬぐい生地を使用しております。吸水性がよく、冷たい飲み物の水滴も しっかりと受け止めてくれます。





 染め屋さんは お盆前に納品してくださいました。ありがたいことです。
待望の「露草」と、今年初入荷の柄ばかり。雪の結晶柄は、暑い季節こそ、オススメです。(浴衣や夏の着物などでも雪紋は多くありますね。目から涼しく…。)
あひろ屋はお盆期間も休まず営業いたします。




 露草といえば。
長年、露草を育てている母より『ついに斑入りが出た!』と連絡がありました。葉に綺麗な斑が入っていて、私は初めて見ました。どんな花が咲くのでしょう。タネがとれますように。




 そして。個展のために加藤キナさんに作っていただいた鹿革のコサージュ。一つ一つ染色された革には蝋をしみこませてあり、花びらや葉に透け感があり見飽きません。会期を終えて もし残っていたら私が…と密かに思っていた露草コサージュが、ありがたいことに手元に。眺めるたびに、楽しかった展示会を思い出します。




 イベントが各地で始まったり、終わったり。猛暑の中、お運びいただきました皆さま、ありがとうございました。
来月は千葉の九十九里町でひらかれる「くらしずくマーケット2018」に参加予定です。(和雑貨 翠さんのブースにて。)詳細はまた お知らせいたします。


長崎から熊本へ

 刈水庵さんでの個展は続いているのですが、小浜から離れ、長崎市内へ。この日は長崎くんちの中日で、あちらこちらで山車が練り歩き、道は混雑していました。(幸運なことに、バスの車窓から コッコデショの太鼓山が遠くに見えました!) 長崎市内では、大浦にあるお取引...