2018/12/14

いよいよ、始まります。パサール・クマンマン展!




明日から始まる パサール・クマンマン。
先ほど、搬入設営を終えました。

今回、仙人スパイスさんは、美味しい「純胡椒」を各サイズご用意くださっています!今年の胡椒も、良い出来だったそう。

その胡椒入りのメレンゲのお菓子やシュトーレンは、神奈川のYumenokiさんから。ニセコのチセガーデンさんからも さまざまな美味しいものが届いています。

クマンマンさんの服は、デザインはもちろん、布などにもこだわりが。試着室もございますので、どんどん袖を通したり、纏ってみてくださいね。スキンケア商品や、バリ島の職人さんの技が光るジュエリーもぜひご覧ください。パリからのアンティーク品も、今回はお買い得ですよ。





あひろ屋は、手ぬぐい、はぎれセット(デッドストック入り)、ベビーエプロン、ベビー帽子、バリ島植物染めの手ぬぐいなどを販売いたします。

それぞれ、作り手やバイヤーが販売をしますので、商品のことなど 何でもお尋ねくださいませ。
会場は、阿佐ヶ谷の素敵なギャラリー、CONTEXT-Sさんです。皆様のご来場を心よりお待ちしております!

「クマンマンのクリスマス」 
2018.12.15(土) - 12.16(日) 
15日 11:00-19:00 / 16日 11:00-18:00 .
CONTEXT-S (東京都杉並区阿佐谷南1-47-4) 
JR阿佐ヶ谷駅 南口より徒歩5分 .

【出店】 
あひろ屋(手ぬぐい、植物染め、布小物)/ 諸屋(クリスマス・新年のテーブルにすぐに役立つおいしい諸々)/仙人スパイス(純胡椒)/pasar kumangmang(世界の布を使った日用着、オーガニックスキンケア、バリジュエリーなど) 

【カフェ】 
諸屋カフェ…諸屋の美味しいものたちをカフェメニューでお楽しみいただけます。旅するパン屋Yumenokiの天然酵母パン、ワインやデザートなども。 

Kumangmang サイト 
http://kumangmang.mond.jp

2018/12/06

香りのしおり



 このたび、山形県鶴岡市の 游水亭いさごや様よりご依頼をいただきまして、しおり型の匂い袋の作画を担当いたしました。湯野浜の美しい海をモチーフにした波柄です。箔押しのきらめきが、時間や季節により眺めを変える海の様子を表現しているようです。
製造は 香老舗 松栄堂 様です。心和む落ち着いた香りが漂います。

(こちらの「香りのしおり」は、いさごや様の売店でのみ販売されるそうです。当店の手ぬぐいも並べていただいております。)

游水亭いさごや
山形県鶴岡市湯野浜1丁目8-7
http://www.isagoya.com


手ぬぐい以外のデザインのお仕事をいただけたことを嬉しく光栄に思います。製造工程や、染めでは出来なかった表現を知り、新しい世界を見せていただきました。何よりご依頼主様のお気持ちを思いながらのデザインは、楽しく難しく、とても刺激的でした。


 

 先日、いただいた柿。大きくて、赤くて。しばらく眺めていました。(食べてみたら、甘くて とても美味しかったです!)






 久しぶりに、色見本づくり。長年、作りためてきたはずなのに、ぴったりの色が見つからず。紙製のカラーチップよりも、布に染めたものの方が、職人さんには伝わりやすいような気がしていて、ずっとこの方法です。手間はかかりますが、作っている間も楽しく、望んだ色ができた時は嬉しいものです。乾くと色合いが変わるので、その辺りを考えながら染めていきます。


2018/12/02

ベビーエプロンと帽子。


 パリで活動をされている「Kumangmang Paris」さんとのコラボ商品のベビーエプロンと帽子です。オンラインストアで販売中です(日本で買えるのは当店のみ!)。
この週末、パリでイベントをひらかれていた クマンマン パリさんは、当店手ぬぐいも展示販売してくださっていました。フランスでは、どのように使われるのかな…と気になっています。






 12月1日は、国立の「musubi」さんでひらかれている横畠梨絵さんの箒展へ。店内は様々な用途に向けて作られた箒が並び、実演コーナーも。いろいろとお話を伺ったり、作業を見せていただいたり、箒の試し掃きも。…家でも横畠さんの箒を使っているけれど、さらにまた欲しくなりました。見た目の美しさだけでなく、使い心地を追及されているので、日々の家事が楽しくなります。
(出来たてホヤホヤの珈琲ミル箒は、湿っていました。濡らして編んでいくからですね。)




こちらの展示会は12月8日まで、musubiさんでひらかれています。

 …その日は、お隣のHOMEBASEさんで、一日限定の「珈琲 雨待ち」さんの喫茶の日でした。コーヒーが出来上がるまで(順番待ちだったので一時間以上)musubiさんで長居していたわけですが、知っている方や お会いしたかった方々が次々にご来店で、とても不思議なひと時でした。小さいけれど、国立は豊かな文化や関係性がある街で、また戻ってくることができて よかったなぁ、としみじみと思ったりもしました。

(年齢的なことや、家族構成の変化、仕事のこともあり、どこで暮らすのか、何をして生きるのか、をずっと考え続けています。)


 

 『黄色いシャコバサボテンなんて、見たことがないから楽しみにしていたのに、枯らしちゃったかも…』と悩んでいた家族。お隣さんから分けてもらった株を大切にしていたのに、と気にしていました。その家族が去り、引き取った多くの鉢の中に、生気のないシャコバサボテンがありました。植え替えたり、挿し芽をしたところ この秋に蕾をつけました。黄色というより橙色ですが、この花だったようです。本当に綺麗な花…。見せてあげたかったです。

いよいよ、始まります。パサール・クマンマン展!

明日から始まる パサール・クマンマン。 先ほど、搬入設営を終えました。 今回、仙人スパイスさんは、美味しい「純胡椒」を各サイズご用意くださっています!今年の胡椒も、良い出来だったそう。 その胡椒入りのメレンゲのお菓子やシュトーレンは、神奈川のYumenokiさ...