1/21/2007

手ぬぐい「赤い糸」発売

新作発売から一夜明けました。多くのご注文をありがとうございます。
「赤い糸」、いかがでしたでしょうか。
赤い糸だなんて、少し気恥ずかしいです。
思いつきで、版下は特に悩むことなくさっさと描いてしまいましたが、
染め屋さんに見ていただいてから、あの柄の大変さに気がつきました。
(私が大変だったのは、あのカーブをすんなりと描けるようになるまで、
 何十回と同じような線を描き続けて手を慣らしたことくらい。)

『これは染めるのが難しい』 というのが第一声。
イメージは糸なので、赤い部分はもっと細くしたかったのですが、
やはりあれでも難しいとのこと。私の希望である赤色の鮮やかさを
表現するために、どうしたらいいのか、試し染めもできない注染は
とにかく一度やってみましょう、ということになりました。
祈るような気持ちで年を越しました。

そして先週、ついに染め上がりました。
細かい部分では、少し色が飛んでいたり、 滲んでいたり、
ということもありましたが、それは注染にはありがちなこと。
とにかく、染めの美しさに驚きました。
相談をしていた時に、いくつかの染め方法を教えていただきましたが、
プロの経験で、この柄に最適な方法を選んでいただいた結果でした。
まさに希望通り!本当に嬉しかったです。

染めは奥が深いと、とつくづく思います。
私が一生頑張っても、一つの工程さえ、極めることができないように
感じます。せめて、思い描いた柄が素敵な手ぬぐいに仕上がるように、
出来るかぎり、頑張りたいです。
大勢の経験者の手や、勘や、思いで出来上がった手ぬぐいを
皆様にお届けできる この幸せ。
そしてご感想やご意見を、直接いただけるありがたさ。
疲れも吹き飛ぶというものです。

今年は、いくつ新作を出せるのでしょう。
春から秋にかけては繁忙期なので、今のうちにと思いますが、なかなか。

1/07/2007

初荷

2007年が始まりましたね。
しばし仕事から離れ、穏やかな時間を過ごすことができました。ありがとうございました。皆様のお正月は いかがでしたでしょうか。

昨日は初荷の日。

仕事をしながら、なんとなくウキウキしている自分に気がつきました。改めて この仕事に対する愛着のようなものを感じました。今年は、これといって大きな目標もないのですが、『健康で、いつもどおりに、手ぬぐいを求めてくださる方に迅速に発送!』を大切に、過ごしていけたらと思います。

年末は、手に腱鞘炎を再発。なかなか治らず仕事に障り、バランスよく仕事をこなす大切さを思いました。

このお正月は、部屋に啓翁桜を飾っていました。
春が来たようで、とても華やかな雰囲気に。手ぬぐいのご注文も少しづつ桜柄(桜、花筏、花鳥の退紅)が多くなってまいりました。先月までは六花が飛ぶように出て、お正月は南天(えんじ)と槍梅でした。面白いですね、季節を映す手ぬぐいです。



今年も そんな季節感のあるもの、暮らしを彩るもの、皆様に使っていただける手ぬぐいを作ってゆきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


新作の「カンナ」ですが…在庫僅少です

   ラ・ロンダジルさんでの19回目の個展、開催中です。 68作目のカンナ、植物染めの手ぬぐい、和装はきもの・小物 加藤さんのはきものと手ぬぐいで作られた花緒、そして TSUKIKUSA商品のお披露目。盛りだくさんです。 初日は危険な暑さの中、ご来店くださりありがとうございました...