2022/12/26

今年もありがとうございました。1/1からキャンペーンが始まります。

 2022年の営業を終了いたしました。
今年も一年、本当にありがとうございました。

数年ぶりに遠方への出張ができたり、展示会を各地でひらいていただいたり、と今年も充実の一年でした。新しいコラボや、デザインのお仕事にも恵まれ、さらに励まねば、と思いました。

日々、オンラインストアでご注文くださっている皆様からのメッセージや、お店の方々とのやり取りに支えられてきました。そして、私の細かい要望や、様々な期待に応えてくださった染め屋さん、職人の皆様に感謝申し上げます。

慌ただしくしていたり、時々 落ち込んでいる私を励まし、サポートしてくれていた友人たち、家族に感謝しています。今年は多くの友人、お仕事繋がりの方をなくしました。限られた時間を大切にしよう…と改めて思いました。


来年も、健やかに、お仕事を続けられますように。
1月1日より「新春キャンペーン」がスタート予定です。

皆様、どうぞ よいお年をお迎えください。
ありがとうございました。

あひろ屋 店主



今年最後の出荷を終え家に戻ると、きれいな月が…
遠くに小さく富士山が見えました。

2022/12/11

新作「笹鳴」を発売いたしました

  64柄目となる手ぬぐい「笹鳴(ささなき)」を発売いたしました。



ウグイスの地鳴きを笹鳴と呼びますが、冬の季語です。
椿の藪の中で、チャッ、チャッ、と鳴いているウグイスと、膨らみ始めた蕾。冬の終わり、春の兆しを感じられる柄を…と描きました。(隠れているウグイスが目立たないよう、葉と同じ色にしました。)

 細い足や嘴など、繊細に型紙を彫ってくださった方、微妙な色合いを染めてくださった方、職人さんたちのおかげで、また素敵な手ぬぐいが生まれました。


 
「笹鳴」の版下を描いているところ

 この「笹鳴」柄が生まれたきっかけは、ロンダジルさんからのご依頼で描いた「燕と春柳」手ぬぐいです。周年記念のための おめでたいお品で、お納めしてからは、ホッとした気持ちと同時に なんとも言えない寂しさがありました。(思い入れのある柄でした。)

これはすぐに、うちの手ぬぐいも描かないと!とやる気が出て、二週間後には「笹鳴」を描きあげていました。

それなので、あの「燕と春柳」のツバメや柳は、この「笹鳴」の鶯と椿に対応していて、どこか姉妹のような手ぬぐいに感じています。椿が満開になる頃、あのツバメたちが渡ってきて、柳は芽吹いて…と季節のめぐりを想像しています。


「燕と春柳」のツバメたち。


 勝浦のとき々堂さんでは、手ぬぐい展が2週目になり、新作も昨日お送りしました。本日の夕方にはお届け予定ですが、閉店時間に間に合うのか、微妙です…。
引き続き、手ぬぐい展もよろしくお願いいたします。


「あひろ屋の手ぬぐい展」 
2022.12.3(土)- 2023.1.22(日) 
会期中の土、日曜日 (ときどき変更あり) 

とき々堂 
千葉県勝浦市貝掛348 
080-3711-9385 
https://tokidokido.com


----------------

「六花(ねずみ色)」「摘草」なども入荷いたしました。
冬の贈り物などに、ぜひ。


今年もあとわずかです。
年内は26日まで、来年は1月4日より営業いたします。




2022/12/02

とき々堂さんでの個展は12/3スタートです

 12月に入り、冬らしい寒さになってきました。

昨日は勝浦の「とき々堂」さんへ 個展の設営に出かけました。
(鴨川から和雑貨 翠さんが手伝いに駆けつけてくださり、とても助かりました。)









美味しいコーヒーや甘いものと一緒に、手ぬぐいも ぜひ お楽しみください。


「あひろ屋の手ぬぐい展」 
2022.12.3(土)- 2023.1.22(日) 
会期中の土、日曜日 (ときどき変更あり) 
.
とき々堂 
千葉県勝浦市貝掛348 
080-3711-9385 
https://tokidokido.com

お店の営業日、営業時間につきましては、
とき々堂さんのSNSをご確認の上、お出かけくださいませ。

-------------------


設営前に、海が見えるお店でランチ。
海が輝いていて、みとれてしまいました。
(勝浦の eden さん。)


-------------------


 先週末はお休みをいただきまして、ありがとうございました。
久しぶりのスクーリングは、なかなかハードでしたが、楽しく、勉強になることがたくさんありました。(初めて見た ニードル パンチ ミシン を使って、羊毛をフエルト化して、ヤドリギをモチーフにした作品を作りました。)

コロナ禍を経験し、この歳だからかもしれませんが、先生や友人たちと直接話せたり、やりとりができることが とても贅沢に感じられました。


 
-------------------

 

 先日、新宿歌舞伎町能舞台(と、秘密の第二会場)で開催されていた展示、「とうとうたらりたらりらたらりあがりららりとう」展。多くの声に応えて、12/3と12/4の2日間のみ、延長展示があるそうです。(両日とも、入場は先着500名までだそうです。)
私は様々なことを感じられて、とても面白かったです。こういう展示は、ナマモノといいますか、この機会を逃さずに、と思います。
公式サイト https://toutoutarari.com

手ぬぐいの柄と、描いた年代と。

 とき々堂さんの展示会は、無事に終了いたしました。 お気にかけてくださった皆様、ありがとうございました。  次のイベントは3月初旬から始まります。 また追って、こちらでもお知らせいたします。 6月と7月の個展も日程が決まりました。今年は各地でお祭りや花火大会も復活する兆し。(ノー...