2011/03/25

『建築家 白井晟一 精神と空間展』へ。

ベランダの植木鉢から、ハコベがこぼれそうになりながら育ち続けています。蕾を沢山つけていて、それをインコたちに見せると大喜び。かなり美味しいらしく、しばらく夢中になってかじっています。これは昨年まで住んでいた庭から持ってきた一株のハコベが増えたもの。また花が咲き、タネをこぼしてくれるのを期待しています。



昨日は、汐留ミュージアムへ出かけました。震災後、臨時休館していましたが、現在は開館しています。(閉館時間が17時になっておりますのでご注意くださいませ。)開催中の 『建築家 白井晟一 精神と空間展』 は、とても楽しみにしていた展覧会なのに、結局出かけるのが会期終了間近になってしまいました。

私はこれまで、白井晟一さんをあまりよく知らなかったのですが、家族や友人からいくつかの話をきくうちに興味が涌いてきました。すごい方がいらしたのだと。
展示された建築作品、書、エッセイ、装丁、どれも心に残るものでした。最近の震災や余震、放射性物質などに怯え、縮こまっていた心が、静かに支えられたような気がしました。友人から薦められていた白井さん唯一のエッセイ集『無窓』は復刻版が発売されていたので購入。




会期中の汐留ミュージアムの売店コーナーに、当店手ぬぐいの一部と風呂敷が並んでおります。なぜか手ぬぐいの『赤い糸』が人気だそうです。

 
最近、また寒さが戻りましたが、見上げれば桜の芽もだいぶ膨らんできていました。もうすぐ、もうすぐ。あひろ屋としても、「桜」の新しい手ぬぐいや、今年の扇子が届く日を
楽しみにしているところです。もう少し、お待ちくださいませ。

長崎から熊本へ

 刈水庵さんでの個展は続いているのですが、小浜から離れ、長崎市内へ。この日は長崎くんちの中日で、あちらこちらで山車が練り歩き、道は混雑していました。(幸運なことに、バスの車窓から コッコデショの太鼓山が遠くに見えました!) 長崎市内では、大浦にあるお取引...