4/20/2023

「銀座・暮らしの商店街」を終えました。「お得セット」販売中です。


 

 「第4回 銀座・暮らしの商店街」は無事終了いたしました。
ご来場くださった皆様、お気にかけてくださった方々に感謝申し上げます。
そして、出荷をお待ちくださったお客様にも。本当にありがとうございました。
(こちらの写真。白い柱の前のディスプレイは、荒物雑貨の松野屋さんと
バッグのNIJYU KANO さんと、あひろ屋で、毎日あれこれと変えていました。)

多くの方にご覧いただき、懐かしい方々と再会したり、素敵な作り手さんたちと出会ったり…と楽しく刺激的な一週間でした。日々の販売を支えてくださった松屋銀座の皆様、 "チームあひろ屋" の3名にも、感謝いたします。

 販売を通して、多くの課題やヒントをいただきました。もうすぐ22年になるというのに
まだまだだなぁ…と感じることは多く、それは皆様と対話する中で気づかされることがほとんどです。

家の中で黙々と手ぬぐいに向き合うだけでは、わからないこと。たくさんの励ましをいただいて、ここからまた頑張ろう、と思えました。
駆け出しの頃に当店を取材してくださった方。イベントにお声がけくださった方。学生時代の恩師。不思議とそういう恩人が次々と会いに来てくださった催事でした。

(それにしても、年々、催事後の疲れが気になります…開店した頃は若かったのですが、無理ができないお年頃に。)





 今年は6月から個展が続きます。大学の必修スクーリングも続き、その関係で個展の在廊日も少なめになってしまいそう…ご迷惑をおかけしております。卒業まではまだ時間がかかりそうですが、あと数年、どうぞ よろしくお願いいたします。




 お客様からのご要望で生まれた「手ぬぐい お得セット」を販売中です。
数量限定品です… よろしければ、この機会にぜひ。



 エゴン・シーレのドローイング水彩画作品集をいただきました。分厚い本ですが、一年ごとにまとめられた作品の数々、詳しい説明にドキドキします。(これからじっくりと読みたいと思います。)短い生涯を駆け抜けたシーレなので、その一年ごとに何かが加速していて、ページをめくるたびに、あぁ、とため息が。カバーを外すと、表紙、裏表紙、見返しも美しい本です。

懐かしい色名帖を眺めてみたり

  梅雨入りが近そうなお天気です。 来月の個展に向け、追い込みで植物染めの制作が続いていますが、乾かすことを思うと湿度は低い方が助かります。 吾妻袋はすべて手縫いで。ミシンで縫うよりも雰囲気がいいので。 左:インド茜+玉ねぎの皮、右:琉球藍+玉ねぎの皮  二週に渡り、週末はスクー...