2009/03/13

「鉄線唐草(2008年新色)」が出てきてしまった…

当たり前のことだけれど。手ぬぐいの種類が増えるということは、在庫も増えるということ。数年前に越してきた時は、部屋にもスペースが沢山あって、大きな棚を買ってみたりしたものです。しかし、いつの間にか圧迫感が出てきて、すごいスピードで増える本も手伝い、地震がきたらどうしよう、という部屋に。昨日、気合を入れて片付け始めました。手ぬぐいも本も大切なので、モノを減らすのではなく、収納を工夫する、というお片付け。

すると。
しっかり封のされたダンボール箱が一つ。帳票類を入れたものだと思っていたのですが、
開けてみると、なんと「鉄線唐草(08年新色)」ではありませんか!どうしてこんなところに。思い出してみると、昨年、企画展が続く夏に向けての準備中、これは全部売ってはいけないので、と取り置きしておいたもの。すっかり忘れているとは。早速サイトで再販しております。鉄線ファンの方は、この機会にどうぞ!




庭ではミモザや水仙がきれいに咲いています。
今日は福岡でソメイヨシノの開花宣言が。早いですね!



冬の柄も入荷しております

 手ぬぐいは、柄に意味を込めたり、季節感を表現できることが素敵だと感じています。(世の中には無地の手ぬぐいもありますが…) 冬苺、宿木、六花、南天。冬を感じる柄が入荷し、いよいよ寒い季節が始まり、来月はもう師走で、再来月は新年なのか…と考えていました。大人は焦りがちですが、この...