2012/09/23

今年のイベントはあと2つ。

数日前から一気に10度ほど下がり、肌寒いくらいです。彼岸花も咲いています。ようやく秋ですね。

来週日曜日(9月30日)は、『くらしのmoto市2012』、その一週間後(10月7日)は『Jiモール大バザール&森の市2012』に出店いたします。ただいま準備中です。


新作と、新しい「風知草」の版下は染め屋さんへ。また微妙な色合いをお願いしてしまいました。どうなるのかしら、という期待と不安でドキドキしています。染め上がりが待ち遠しいです。


 

これは、染め屋さんへ希望の色をお伝えするために添付している色見本です。手ぬぐいの白生地に、顔料で染めました。手ぬぐいは染料なので同じ色合いにはなりませんが、希望の色の雰囲気、目安をお伝えする際に使っています。『日本の伝統色』など、カラーチップを使うこともありますが、あの中にも希望の色が見つからないことが多く、また、紙に印刷されたものよりも、布に染まったものをお渡しする方がわかりやすい、とおっしゃる方も。


最近、7〜10年ぶりくらいにご注文をくださるお客様が続きました。あの頃は、わずか数柄しかなかったのに、ずいぶんと増えましたね、というメッセージをいただくと、嬉しくもあり、しかし、まだこれだけか、という気持ちも。作ることも、それを続けていくことも、大変であるということがわかっているだけに、皆さまに受け止めていただきながら、今日も生きているということが ありがたいです。



"くらしがしごと、しごとがくらし"

「露草」手ぬぐいの版下を描く前に、イメージを確認するために描いた下絵。 斑入りの葉の露草。花は普通のものでした。  …また少し、間があいてしまいました。 大きな台風、そして北海道の大地震。続く災害に、言葉を失っておりました。...