2015/03/29

手ぬぐい「延段」ねずみ色は色合いを変更予定です

桜の季節ですね。今年は近所の小学校の桜を見るのが毎日楽しみ。この小学校は私が卒業した学校でもあり、約30年ぶりの桜は、様々なことを思い出させてくれます。卒業式の日は、寒いけれどよく晴れていて、桜がきれいだったような。



手ぬぐいの「延段(ねずみ色)」ですが、黒緑色と色合いが似ているため、少し色を変える予定です。現在の色は、在庫がなくなり次第終了となります。深いねずみ色がお好きな方は、この機会にぜひ。





 
そして、昨日受け取りました「注染 + バリ島植物染め」手ぬぐい。
回を重ねるたびに、染めが良くなっているような、今回も美しい染めにうっとりします。
5月1日~3日のクロスロード・ギャラリーのイベントでお披露目いたします。






盆栽や植木のあいているスペースには、思いつきでいろいろなタネを蒔いてみています。忘れた頃に芽をだすので、あれ?これは何だったかな、ということもしばしばですが、草盆栽の鉢に、かわいいスミレが咲き、思いがけない贈り物のように感じました。植物たちが動き出して、楽しく嬉しい季節到来です。




下の写真は、先日の「国立ゆる市」の様子。会場は今月末で取り壊されてしまうという旧高田邸でした。素敵な文化住宅が、またひとつ消えてしまう淋しさ。(移転後、地域の情報を伝えてくれる方々のおかげで、子供時代には知らなかった地元の魅力を再発見中です。)





 

"くらしがしごと、しごとがくらし"

「露草」手ぬぐいの版下を描く前に、イメージを確認するために描いた下絵。 斑入りの葉の露草。花は普通のものでした。  …また少し、間があいてしまいました。 大きな台風、そして北海道の大地震。続く災害に、言葉を失っておりました。...