2006/09/29

カブトエビ

秋は出展、出品が続くため、心の中では焦りと緊張が続いております。アイディアが浮かんでいるのに、デザインとして完成しない柄を抱えているということもあり、さらに悶々。そんな状況の中、10月はお休みをいただくことにしていて、その為にかけこみオーダーの嵐がやってきております。ここは踏ん張らないといけません。


子供の頃から、時間が足りない気がして仕方なく、大人になったら余裕ができるのかしら、と思っていたけれど、そんなことはありませんでした。ますます足りていないような。そこで、ちょっと考え方を変えてみたり、できるところから改善していくよう心がけております。



手ぬぐいとは関係ありませんが、先月から育てていたカブトエビが、ついに天国へ旅立ってしまい淋しいです。孵化させるところから育てていたので、その成長が楽しみで、毎日水槽に見入っていました。脱皮して大きくなったり、餌を大事そうにモグモグ食べる姿、卵を産んだり、ケンカしたり、全てが興味深かったです。1ヵ月半で一生を終えてしまう生き物なので、あっという間の出来事でした。からっぽになった水槽を見ると、なんだか夢を見ていたようです。

長崎から熊本へ

 刈水庵さんでの個展は続いているのですが、小浜から離れ、長崎市内へ。この日は長崎くんちの中日で、あちらこちらで山車が練り歩き、道は混雑していました。(幸運なことに、バスの車窓から コッコデショの太鼓山が遠くに見えました!) 長崎市内では、大浦にあるお取引...