2013/09/01

「手ぬぐい展2013」は終了いたしました。

少し涼しくなってきたかな、と思ったら、猛暑復活。まだ油断できません。しかし、我が家の鈴虫たちの声は、段々と細くなってきています。布団の中から聴いていると、切ない気持ちに。窓の外からも、秋の虫の声が聴こえてくるようになりました。


茶房 高円寺書林さんでひらかれていた 『手ぬぐい展2013』 は本日をもちまして
終了いたしました。会期が終わりに近づいているのに、ご来店くださる方が増えていて、と終了3日前に教えていただきました。そしてまさかの追加納品。最終日にお届けでした。
なぜか「浅蜊」柄が人気だったようです。お暑い中、遠方から、そして何度も、お出掛けくださった皆さま、そして関係者の皆さま、本当にありがとうございました。


8月後半は怒涛の発送作業の日々で、寝不足でフラフラしておりました。急いでいるつもりでも、発送までお待たせしてしまい、ご迷惑をおかけ致しました。
疲れにはビタミン、ということで、箱いっぱいの柑橘類を送ってくださった方が。レモン、オレンジ、デコポン、甘夏。部屋には爽やかな香りが漂い、鮮やかな色に励まされています。さっそく、毎朝しぼっていただいています。たしかに、なんとなく調子が良くなってきたような!ごちそうさまでした。




 

さて、秋のイベントでは「手作りひなや」さんとのコラボ商品も並べる予定です。
そのひとつ、手ぬぐいのハギレで作っていただいたコースター。違う柄の手ぬぐいを3枚重ねているので、下の柄が透けて見えたり、なかなか面白いコースターなのです。今となっては懐かしい色や柄のハギレたちが組み合わされていて、1枚1枚、アルバムを眺めるように見入ってしまいました。そして、それらをしまおうと重ねた時、時間の重なりが目の前に現れたようで、ハッとしてしまいました。12年分の時間 … 。ひなやさんの縫製の美しさとともに、写真に残しておきたい、と思い パチリ。




 


ラ・ロンダジルさんでの個展が始まりました

 暑中お見舞い申し上げます 先週からの厳しい暑さに驚いていますが… 、セミも鳴き始め、朝顔が蔓をどんどん伸ばしているのを見ると、夏なのだなぁ、と実感します。氷出しの煎茶が休憩時間の楽しみ。  6月23日付のブログで「詳細は改めて」と書いた個展「あひろ...