2014/09/28

文化服装学院さんでお話をさせていただきました


本日も秋晴れ。キンモクセイの香りが漂ってきます。
春から続いていたイベントの数々が終わり、新作を描いて秋のイベントに向けて準備・・・
と思っていましたが、日常業務をこなすことでいっぱいいっぱいの9月でした。
来月はまたイベントが二つございます。

お待たせしていた欠品商品も少しずつ入荷してきております。夏は過ぎても、日常的に手ぬぐいをお使いの方が増えてきているような・・・お取引先からのご注文状況から、そんなふうにも思いました。嬉しいことです。

バリ島で染めていただいている「注染 + バリ島の植物染め」手ぬぐいが先日届きました。
届く、といいますか、友人たちが行きも帰りも手持ちで運んでくれているのです。今回も重いのに … 
お世話になりました。

色褪せ防止のために、バティックで二重包み。その包みを開けると、美しい手ぬぐいが姿を現しました。



優しくて、でも深みのある色合い。眺めていると、あの陽射しとスコール、咲き乱れる花、果物からの濃厚な香り、もう何年も前にバリ島で感じたことが、ふわりと蘇ります。
そこで暮らす人々が、一枚一枚染めてくださったんだなぁ、と思うだけで、うっとりとします。
数も少ないので、今まではイベントのみでの販売でしたが、ご要望も多く頂いておりますので、この秋に、ネット販売を予定しております。




先週の金曜日、文化服装学院で、学生さんたちにお話をする機会をいただきました。
あひろ屋を立ち上げるまでのこと、立ち上げてからのいろいろ、お仕事について、など、なんと2コマもお時間をいただいてしまったのでした。熱心に耳を傾けてくださった若い方々に、感謝しています。
(お声がけくださった先生、当日もいろいろとフォローしてくださり、ありがとうございました。また、資料を快く提供してくださった和雑貨 翠さんにも、お礼申し上げます。)
 
話すことで、気づいたり、仕事を振り返ることもできるのだと感じました。いただいたご感想、ご質問の数々から、私自身が得たり学んだり。学生さんたちの、活躍する姿を想像しながら、心の中で ”がんばって!"とつぶやいています。

 




写真は2月に仕込みをした味噌です。美味しくできあがりました。まだ2つの甕が未開封で、それはそれで楽しみです。

 

ラ・ロンダジルさんでの個展が始まりました

 暑中お見舞い申し上げます 先週からの厳しい暑さに驚いていますが… 、セミも鳴き始め、朝顔が蔓をどんどん伸ばしているのを見ると、夏なのだなぁ、と実感します。氷出しの煎茶が休憩時間の楽しみ。  6月23日付のブログで「詳細は改めて」と書いた個展「あひろ...