2018/06/23

水無月。


 大好きな和菓子「水無月」。その季節がやってきました。
夏越の祓えにまつわるお菓子ですが、こちらではあまり見かけません。手ぬぐい「水無月」も、ご注文は西のエリアのお客様が多いように感じます。



 そして、梅仕事の季節でもありますね。今年も丁寧に収穫された南高梅を送っていただき、梅干し用に、そしてシロップ用に、漬けました。




 さて、こちらは「Endpaper」さんの手製本ノートです。当店手ぬぐいを表紙に使っていただいております。手製本… 細部まで美しく、使うのがもったいないくらい。
(当店手ぬぐいの商用利用は登録制となっております。詳しくはサイトをご覧くださいませ。)
「Endpaper」さん Twitter : @Endpaper1496




 イベントとしましては、浦和の楽風さんの展示販売は会期がそろそろ折り返し、秋田のblank+さんでは昨日から「夏の装い」展が始まっております。7月7日からは佐賀の志田の蔵さんで「手ぬぐい・たおる」展、7月14日からは名古屋の月日荘さんで「涼を感じる夏の装いと暮らし 7」、そしていよいよ、ラ・ロンダジルさんでの個展は7月17日からです。この件は、また改めて。書きたいことがたくさんあるのです。(イベントの詳細は、サイトの「イベント」ページをご覧くださいませ。)







 先日、武蔵野美術大学の美術館で拝見したドローイング展。
手を動かすということの大切さ、について 改めて考えました。
(ル・コルビュジエの旅のスケッチ手帳も展示されていて、見入ってしまいました。)


その帰り道の玉川上水緑道。いつも緑が美しく、こういう環境があることがありがたいです。





"くらしがしごと、しごとがくらし"

「露草」手ぬぐいの版下を描く前に、イメージを確認するために描いた下絵。 斑入りの葉の露草。花は普通のものでした。  …また少し、間があいてしまいました。 大きな台風、そして北海道の大地震。続く災害に、言葉を失っておりました。...