2019/09/29

「あひろ屋の仕事展」は終了いたしました。



 福岡の望雲さんでひらかれていました「手ぬぐい あひろ屋の仕事展」は、終了いたしました。お越しいただいたり、お気にかけていただいた皆様に感謝いたします。


初日からの2日間は私もお店に立ちましたが、暑い日が続いて驚きました。そのあとは台風が接近し、臨時休業などもありました。その中で、大勢の方にご覧いただけたことを、とても嬉しく ありがたく思っております。


 今回のテーマは ”仕事展” ということで、手ぬぐいだけでなく、手ぬぐいになるまでのスケッチや下絵、版下、色見本、そして染めの工程で使用する型紙やヘラなども展示いたしました。今どきにしてはアナログな方法で作られていることに、驚かれたかもしれません。(注染の手ぬぐいは、様々な工程があり、分業であり、大勢の手によって作られています。) 


世の中や、人々の意識、技術はものすごい速さで進んでいますね。注染という染めも、手ぬぐいも、そして私自身も、これからどのように進んでゆくのか、変わってゆくのかわかりませんが…、振り返ったり、今を見つめたりしつつも、挑み続けていければと思いました。


 望雲さんは、3年に一度のペースで展示をしてくださっていて、今回で4回目でした。初回時から欠かさず来てくださる方、オンラインストアでお買い物をしてくださっていた方、友人たち、お世話になっている方々とお会いできたことが嬉しかったです。


 臨時休業中は出荷などをお待たせしてしまったお客様、ご理解いただきまして、ありがとうございました。望雲の皆様、このたびも 大変お世話になりました。 




 5月から毎月のように各地で続いていた個展も、今年はこれにて終了です。いつか また皆様にお目にかかれることを楽しみに、励んでまいります。





「手ぬぐい風呂敷」作りは続く…(イベントの準備もしなくては)

 「手ぬぐい風呂敷」をこの秋はコツコツと作ってきました。一度にたくさんは作れないこと、時間と手間がかかるので、この時期のみの作業になりそうですが、おかげさまで、あちらこちらへお嫁入り。皆様がどのように使われているのか、気になっています。 注染の...